タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版)
完結アフィリエイトOK
発行者:カドー
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:タイはトロリと甘いマンゴーの味

公開開始日:2015/12/15
最終更新日:---

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版) 第3章 マイクロスカートの中はどうなっているのか
頼みもしないのにはじまった性感マッサージは、今や白い指が対象にしっかりと絡みつき、力を入れたりゆるめたり、緩急自在に攻撃してくる。

これ以上続くと、理性が吹き飛ばされるおそれがある。

その前に先端で潤滑油の生産がはじまり、少しづつ漏れ出してくるかもしれない。ズボンもパンツも夏用の薄物なので、外に染みだしてくるおそれがある。そんなところを見られるわけにはいかない。

攻撃の手指をゆるめてもらうため、苦しまぎれに話題をふることにした。


そこの店は、ダンサーのステージ衣装は上下にわかれている。

上の方は白いショールのような厚手の胸当てしっかり包んであるが、下の方は、申しわけ程度の小さなチェック柄のスカートだけだ。

足だけは白のロングブーツでしっかりガードしている。

マイクロスカートは動くたびにヒラヒラして、中が暴露されそうになる。

中がどうなっているのか、非常に気になるところだが、見えると思ったら、ギリギリのところで見えなくなる。

そのハラハラ感が、うまい具合に男心をくすぐってくる。どうやらそれを売り物にしている店のようだ。


だがあんなに短い布きれで、まさか下に何もないのでは、あまりにも無防備だ。ありえないだろう。

そう思って、決定的瞬間にいつも目をこらして見るのだが、中にパンティをはいているようには見えない。

もしかしたら肌色のパンティで、そのため、何もないようにカモフラージュされているのではないか。それならありうる。いや、そう信じたい。

だがそれを確認するには、遠くから見るだけでは不可能だ。

というわけで、手を伸ばせは届くところに来たチャンスに、マイクロスカートの持ち主に直接聞いてみることにした。


「この下はどうなってるの?」

すると、いくぶん恥じらいながら、

「何もないの」

「ええっ?アンビリバボー!」(ありえねえ!)

すると、嘘だと思われたのか、ノイは少し真顔になり、そして―

信じられない行動に出た。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ