タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版)
完結アフィリエイトOK
発行者:カドー
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:タイはトロリと甘いマンゴーの味

公開開始日:2015/12/15
最終更新日:---

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版) 第2章 かわいい顔で性感マッサージ
楽しかったタイ旅行も、あっという間に最終日となった。翌日は早朝便で機上の人となる。

後ろ髪を引かれる思いだが、日本には日本の生活がある身だ。スッパリ気持ちを切り替えるしかない。

だがまだあと一晩ある。気持ちを切り替えるにはまだ早い、心残りのないように思いっきり遊ぶぞ!

今日こそ、ソイ・カウボーイで目をつけた、昨日のあの子を呼んで話をしよう。

帰国のことはひとまずおいて、夜の街に向かい、昨日のあの店へ直行だ。


あの子いるだろうな―。

店内をずっと見渡すと、いたいた!

遠くのステージで踊っているのが見えた。

今日こそはファラン(欧米人)にさらわれる前に呼ばないと。

女の子は胸に小さな番号札をつけているので、その番号で呼ぶことになっている。

はやる気持ちでウエイトレスのおばさんを呼び、「◯番の子を呼んで」と頼んだ。


呼ばれてステージを降りてきた子は、

「サワディーカァ」(こんにちは)

といって、ソファの隣に座ってきた。

「マイネーム・イズ・ノイ」(名前はノイです)

ファランに人気のある分、英語ができる子らしい。

タイは日本と同じで、英語がしゃべれる人は少ない。タイで英語ができる人は、よっぽどの高等教育を受けた金持ちの子女か、貧乏人が食っていくためのツールとして、否が応でも習い覚えたかのどっちかだ。

ノイの場合はもちろん後者だ。

以後はお互いにつたない英語同士で、意思疎通をおこなうこととなる。


レディドリンクをおごってやり、年齢を聞いてみた。若く見えるので、もしかしたら未成年かもと思ったので。

すると、返ってきた答は、想定外だった。

27歳だという。

「ええーっ?若いから19歳かと思ったよ」

「うふふ」

近くでよくよく見ると、確かにお顔の肌は、化粧でも隠せない27歳の肌だ。でもかわいい顔だから、こまかいことはなしだ。

タイ人には珍しく色白なので、中国系かと聞くと、中タイの混血だという。なるほどね。

「あなたは日本人?」

「そう、遊びに来たんだよ。でもあした帰る」

「えー?じゃ日本につれてって。洗濯得意だから、してあげる」

かわいい顔に似合わず、口八丁な子だった。


「19歳」の評価に気をよくしてくれたのか、手がいつの間にか股間に伸びてきて、マッサージをはじめていた。

ズボンの上からとはいえ、マッサージの部位は、かわいい顔にはとても似合わない場所だ。

その危うい感覚に、不覚にも思わず反応してしまった。

その反応を楽しむかのように、白い指がますます攻めてくる。

指も最初は敵の居場所がはっきりせず、探しあぐねていたようだが、太い物がくっきりと姿をあらわすと、そこを集中して攻撃してくる。

「ここが働きたいといってるよ」

遠回しに営業をしてきたが、動かぬ証拠を文字通り握られているので、むげに否定もできない。

「でもあしたの朝早いから、もう時間ないよ」

「1時間あれば充分よ。コレもOKだし」(下向きにフェラの真似)

こんなかわいい顔で、とても想像できない真似をしてみせる。顔に似合わず、手も口も、なかなか技術力のあるプロのようだ。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ