タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版)
完結アフィリエイトOK
発行者:カドー
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:タイはトロリと甘いマンゴーの味

公開開始日:2015/12/15
最終更新日:---

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版) 第8章 君の部屋に行きたい
料理が来るまで、私はタイビール、ノイはアルコールはダメだそうで、ミネラルウォーターを飲んでいる。

そういえば店のレディドリンクも、コーラを注文していた。

アルコールがダメだなんて、すっかり真面目モードではないか。これじゃあ、お固いデートだ。

店と同じ調子のきわどいトークは、とても許してもらえない雰囲気だ。


かといってデートで沈黙するわけにも行かず、仕方なく必死で話題を探し、会話を続ける。

度の強いタイビールをぐいぐい飲んで、酔いで勢いをつけて、ノイの田舎のこと、店の給料や、前職などを聞いた。

住んでいる部屋の様子も、それとなく聞きだす。


ゴーゴーの子は、気に入った客を部屋に連れ込むこともあると聞いていたので、期待感満々だったのだ。

だが、ノイはお姉さん夫婦と、部屋は別だが同じアパートに暮らしているという。

うーむ、それではムリか。残念。ここで、選択肢が一つ消えたな。

(することは一つなので、忘れているわけではないので)


いい感じにほぐれたところで、料理が来た。たっぷりと盛られた皿が次々に並ぶ。

ベビーコーンの入った野菜炒め、揚げた魚の甘酢あんかけ、緑色の辛いチキンカレー、酸っぱくて辛い春雨サラダなど、典型的なタイ料理だ。

気を利かして二人分注文してくれたようだが、こっちは夕食を食べてきたので、とても食べきれる分量ではない。

だがノイは、フォークとスプーンを器用に使い、白飯と交互に、うまそうに口に運んでいる。

やはりあれだけの重労働をしたあとだから、腹もすくのだろう。小さな体のどこに入るのかと思えるくらい、見事な食べっぷりだ。

「アナタあんまり食べないのね」

ここで、「腹へってないから」なんて箸にも棒にもかからない返事をしても、面白くもなんともないので、

「感激で胸が一杯だから」

「うふふ」


「ビール、もういいの?」

「うん、沢山飲んでトイレに行ったら、その間かわいい顔が見れないから」

「うふふ」


軽口を楽しんだり、食べっぷりを眺めたり、時にはこっちも味見をしたり。

ふと気がつくと、生演奏のバンドはもう帰ったようで、あたりはシンとなっている。カンバンが近いらしい。


せっかくタイに来たんだから、もっとタイらしい雰囲気の、タイのカントリーミュージックを聴かせる店に行きたいなあと提案してみた。

するとノイはハンドバッグからケータイを取り出し、あちこち電話をかけだした。

どうやらタイのディープな音楽を聴かせる店を、友だちに聞いているようだ。

こんなものに興味がある客ははじめてらしい。

だがすぐに対応するところは、やはり接客のプロだ。客を楽しませることが自分の義務だと、わきまえている。感心して見ていた。

いい店を教えてもらったらしく、ノイは満足気に電話をしまった。

「イサーン音楽が聴けて、飲んで食べれる店があるの」

イサーンというのはタイの東北地方の名称で、バンコクに出稼ぎに来る人が多い。そんなイサーン人が集まって、郷土の雰囲気にひたる店があるらしい。
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ