タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版)
完結アフィリエイトOK
発行者:カドー
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:タイはトロリと甘いマンゴーの味

公開開始日:2015/12/15
最終更新日:---

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版) 第7章 これから私をどうするの
ノイに

「どこに行くの?」

とゲタをあずけられ、結局内心とは裏腹に、

「まずご飯食べようか」

と提案した。ノイは軽い夕食しか食べてないと言ってたので。

「そうねK、何たべる?タイ?ジャパニーズ?」

タイくんだりまで来て、何が悲しくて日本料理を食べなきゃいかんのだ。もちろんタイ料理だ。


冷房がギンギンにきいていた店内では感じなかったが、外は、ねっとりとよどんだ熱気がモワッとまとわりついてくる。これが南国の夜だ。

ノイはしきりに

「アツイ、アツイ」

とつぶやく。かなりの暑がり屋さんらしい。

暑さのせいか、さっきまでの工口トークは影をひそめ、すっかり大人しくなっている。全然違う人格になったかのようだ。

やはりあれは仕事場だけの営業トークだったのか。


ソイカの細い通りを出ると、大きな通りがあり、タクシーが連なって客待ちしている。

すぐに運ちゃんが寄ってきて、「タクシー?」と声をかけてきた。

ノイがタイ語でなにやら交渉している。

タイのタクシーは、運転手の気分で簡単に乗車拒否するので、乗る前にお伺いを立てる必要があるのだ。

交渉成立して、タクシーに乗り込んだ。タイレストランに行くという。

車内はひんやりと冷房がきいていて、ノイも人ごごちを取り戻したかのようだ。走りだすとすぐに、暗がりの中で、ノイの方から私の腿に手を置いてくる。

やわらかい手を握り返し、そっと持ち上げて、運ちゃんに見えないように、細い指先にそっと口を寄せた。


タクシーは夜のバンコクのだだっ広い道路を疾走している。昼間の暑苦しい渋滞がウソのようだ。

着いたところは、生演奏付きのレストランだった。

噴水の見える屋外のテーブルに向かい合わせに座って、よくよく見ると、やはりごく控えめな普通の娘さんだ。

さっきまでの、きわどいトークでノリノリのゴーゴー娘は、真夏の夜の夢だったのか。でもかわいい顔は、店内と同じだ。


その顔で、メニューの写真を私に見せながら、

「何がいい?アナタ辛い料理OK?」

「少し位ならね」

こっちはそんなに腹も空いてないし、ノイの好きに注文してもらう。飲み物はビールを頼む。

タイ料理は、中華料理と同様、皿をいくつか取って分けあい、白飯と共に食べるスタイルだ。

味は、口が刺すように辛いのもあるし、辛くないのもある。

箸が置いてあるところでは箸で食べてもいいし、タイ人のようにフォークとスプーンで食べてもいい。


料理が来るまでの間、アルコール度の強いタイビールを飲みながら、話をした。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ