タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版)
完結アフィリエイトOK
発行者:カドー
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:タイはトロリと甘いマンゴーの味

公開開始日:2015/12/15
最終更新日:---

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
タイはトロリと甘いマンゴーの味第1話:はじめての女は短髪ノイ(無修正版) 第1章 はじめてのタイ旅行
はじめてのバンコク観光旅行は、夜遊びが目的だったので、ツアーでなく、個人旅行だった。

昼間は、常夏の強烈な太陽にげんなりして、どこに行ったのかもよく覚えていない。

だが夜になって涼しくなると、ナイトライフの時間となり、とたんに元気を取り戻して、夜の観光すなわち夜遊びに繰り出したものだった。

泊まっていたホテルの近くに、バンコクの歓楽街の中で最大といわれるカウボーイ通り(ソイ・カウボーイ、略称ソイカ)があり、足が向くのは毎晩そこだった。

ぎっしりと軒を並べる店は、殆どが酒のほかに、女の子のポールダンスと強烈なダンスミュージックを提供している。

いわゆるゴーゴーバーというスタイルだ。

客は気に入った子がいたら席に呼んで、ドリンクを買ってやり、他愛ない会話を楽しむという遊びだ。

話し足りないと思ったら、女の子と店が承諾すれば、話の続きは店外でもできる。もちろんその分の追加のチップは必要だが。

あとはただの友達関係で終わってもいいし、つかの間の恋愛気分にひたってもいいし、男と女だから、お互いの合意があれば、二人の世界を邪魔するものは何もない。

インスタントなタイ女性との出会いであっても、擬似恋愛が本物の恋愛に発展することだって、タイではあるかもしれないと思えてくるのだ。



最初の頃は、耳をつんざく音楽と、体にぴったり張り付いた衣装で、ステージ狭しと踊りまくる女の子の集団に圧倒され、ただ口を開けて見ているだけだった。

1回くらいはああいう女の子と話をして帰りたいものだ。

だが、なかなか背中を押してくれるほどの好みの子がいない。

帰国の日が迫り、背中に秋風が立ってきたある日、とある店で、色白でショートカットのかわいい子を見つけた。

遠目には、童顔で、はたち前後に見えた。スタイルも小柄ではあるが、メリハリのついたナイスボディだ。

勇気を出して呼ぼうと思ったが、踊ってないときはいつもファラン(欧米人)の相手をしていて、呼ぶチャンスがない。ファランに人気のある子らしい。

しばらく粘ったが、2杯目のドリンクが空になったのをしおに退散した。

あしたは帰国前日、最後の日だ。もし、あしたもあの子がいたら、必ず呼んで話をしよう。そう決心して店を出た。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ