そして僕はヒーローになった
そして僕はヒーローになった
完結アフィリエイトOK
発行者:小川輝晃
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2010/11/24
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
そして僕はヒーローになった 第1章 前置き
これからなにをするのかっていうと走るんだ。明日ね。この品川区大井町、旧東海道の国道一号線沿いにある東京の片隅から奈良の橿原ってところまで。ただそれだけ。それだけのことだ。もちろん、まるで意味がないって訳でもないんだけど大した理由じゃない。まあ、簡単に綺麗事で言えば自分自身で「やれば出来る」ってことを実感したかったんだろうな。
ほら、大した理由でもないんだよね。だけど僕はそれを馬鹿みたいに本気で考えてた。

誰かが言ってた。 
「人は誰でも生まれる前は全能なのに、生れ落ちる時に全ての能力を捨てて丸裸にされる」

それまで二人でひとつだった母親から切り離されて、何ひとつ持たないままで僕らは生まれてくる。でもそれは失ったわけじゃなく、忘れているだけなんだそうだ。

だから僕らは、やればやるだけいろんなものを手に入れられる。

 
学生の頃、よく先生やお袋に誰かと比較されたけど、その度に「俺かて、やったら出来んねんで!」とか豪語したものだった。自分自身、ずっとそう信じてた。
小学校の頃には柔道で優秀選手賞とか貰ったり、高校から始めた陸上でも400mハードルっていう種目では奈良県じゃ「小川さんだ」なんて一目置かれるようになって、馬鹿みたいに調子に乗った僕は裸の王様みたいに格好悪く顎上げて生きてたんだ。


ずっと、そんな風に生きていけるもんだと思ってた。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ