ダンススクール
ダンススクール
完結
いいね13
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/12/06
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ダンススクール 第7章 先生の事情
俺がインストラクターを始めて
そろそろ8年が経つ。

ありがたいことに
生徒もたくさんいて…
男子が増えてくれるともっと嬉しいんだけど
クラスは女子ばっかり。

たまに告白されたり
デートに誘われたりするけど
俺は全部断ってた。

俺にはずっと気になってる子がいて…


積極的に喋るような元気な子じゃないんだけど
ダンスをすると表情が変わる。

たまに難しい課題を出しても
いつも一生懸命頑張ってて

そんな姿がすごく可愛かった。

もっと話したくて
笑顔が見たくて
気付けばちょっかい出してる俺。

小学生かよって
自分でツッコミたくなるけど
でも…うん、きっと好きなんだ。


どうやったらもっと仲良くなれるかなって
そう思ってたら

バカな俺は
懇親会で…その思いを爆発させてしまった。

◇が…俺を庇ってくれたのが嬉しくて…
俺のこと…
そんな風に思ってくれてるんだって

そう思ったら…

酒の勢いもあったけど…

可愛くて…好きで…好きで…
気持ちが止まらなくなって…

店の中であんなこと…///

反省はもちろんしてるんだけど
思い出すだけで
すぐに勃つ俺は、ほんとにアホ。


可愛い◇の姿が
頭から離れなくて

懇親会の日に撮ってもらった
二人の写真を
毎日のようにながめてる。

あんなことしといて
最低だと思われるかもしんないけど

俺の気持ちを伝えたい。


そう思ってたら…
あいつが突然泣き出して…

気持ちも何もそっちのけで
俺はまた自分を止められなくなった。

相談室で…
そのままあいつを…


ああ…///

まただ。
何回勃つんだよ、アホ///


身体が先に動いて
いつもあいつを求めて夢中になってしまうけど
ちゃんと言いたい。

好きだって。
付き合ってほしいって。


そう伝えようとしていたのに…
23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ