ダンススクール
ダンススクール
完結
お礼13
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/12/06
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
ダンススクール 第3章 溢れる涙
溢れ出てくる涙を何度も拭いて
あたしはなんとかトイレを出た。

目が赤い。

みんなには…先生には…バレたくない。


◇)しっかり…しなきゃ…


あたしは
モヤモヤを吹き飛ばすように
レッスンは休憩も取らずに
ずっと踊り続けた。

もう…何も考えたくない。

踊ってる間は…忘れていられる。


直)はい!!
  じゃあ今日はここまで!!
  今日の動きは少し複雑だから
  ちゃんと復習しておけよー!!
皆)はーーーい!!
直)じゃあ解散。おつかれーー


タオルで汗を拭きながら
更衣室に戻る。


女)なんか今日、直人先生見るたびに
  ○○ちゃんとエッチしたんだって
  そればっかり考えちゃったw
女)ちょっと、やめてよーw
  一応隠してるんだから。


そんな会話が聞こえてきて
耳を塞ぎたくなる。


女)今日も誘ってみちゃおっかなー♡
女)え、ほんとに?!w
女)このあと♡
女)やだ〜〜〜ww


嫌だ、嫌だ、嫌だ!!!

聞きたくない!!!

あたしは急いで着替えて
更衣室を出た。


女)この先生の顔〜〜〜ww
直)俺半目じゃん!!ww
女)あはははww


入口の近くでは
またみんなが先生と楽しそうに話してる。

そのまま帰ろうとすると
また先生に腕をつかまれた。


直)な、見て見てこれw
◇)……っ
直)俺めっちゃブサイクw


先生たちが見てるのは
この間の懇親会の写真だった。


直)でもこっちはカッコイイの。
女)自分で言ってるw
直)だってちゃんと目ぇ開いてるもんw
  ほら。
◇)……


それは
あたしと一緒に写ってる
ツーショットの写真だった。


直)この俺イケメンだから
  待ち受けにしよっかなーw
女)あはははw
  何それーー◇ちゃん迷惑だよw
直)なんでだよ!!w
女)ねぇ?w
◇)……


言葉が…全然出てこない…


直)どうした?
  お前…具合悪いのか?


先生があたしのおでこに手をあてた。


◇)……っ


その時だった。
後ろから○○ちゃんたちが来て…


女)先生、ちょっといいですかぁ?
直)え……


あたしはとっさに先生の腕を掴んだ。


◇)せん…せいっ
直)…どうした?
◇)あの…話したいことが…
直)うん?
◇)…っ


先生はあたしの頭に手を置いて


直)じゃあ、行こ。


手を引いてくれた。


女)ちょっと、先生!!
直)なに。
女)あとで電話するからいいです。
直)……


○○ちゃんは
そのまま帰っていった。

あたしはそのまま
先生に手を引かれて相談室へ…


直)お前ほんとに大丈夫?
◇)え…?
直)体調、悪い?
◇)……いえ…
直)今日ずっと…様子変だから…
◇)……


あたしのこと…
見ててくれたの?


直)話って…なに?
◇)……


話があるなんてウソ。
○○ちゃんと…
またホテルに行っちゃうのが嫌で
先生を引き止めただけ。


あたしがずっと俯いてると
先生があたしの横に来て
頭を撫でてくれた。


直)ほんとに…どうした?
◇)……っ


やっぱりダメだ…
この手に触れられると
好きな気持ちが…止まらなくなる。


◇)あたし…帰りますっ
直)え、ちょっと!待てよ!!


後ろからドアを押さえられた。

ガチャン。


◇)え…っ


どうして…
鍵…かけるの?


直)気になるから…
  ちゃんと言ってよ。
◇)…っ
直)何があった?


後ろを振り向くと
先生があたしをまっすぐ見つめた。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ