俺と妹
俺と妹
完結
お礼2
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/12/04
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
俺と妹 第12章 母の勘
夜、何も知らない◇は
今日も俺の部屋にやってきた。


◇)お兄ちゃん♡
隆)…っ

バタン。


いつものように俺のベッドに座る。

ダメだ。
今日は…ダメだ。


隆)戻れ。
◇)え…??
隆)自分の部屋に戻れ。
◇)どう…して?
隆)……
◇)一緒に…寝よ?
隆)……
◇)お兄ちゃん?
隆)今日はダメだ。
◇)なんで……


◇がそのまま俺に抱きついてきた。


◇)エッチ…しないの?//
隆)……しない。
◇)やぁっ、なんで?
隆)……
◇)嫌いに…なったの?
  あたしの…こと…
隆)そうじゃ…ないよ。
◇)じゃあ…どうして?
隆)とりあえず今日は戻れ。
◇)……やだっ!!
隆)…っ
◇)ちゃんと理由言ってくれなきゃ
  やだっ!!!

ぎゅうっっ

◇がしがみついて離れない。
本当は俺だって…抱きたいんだ。
でも……


隆)母さんが…気付いてるかもしれない。
◇)……え?
隆)……
◇)……
隆)いや、かもじゃない。
  気付いてる。
◇)…っ
隆)だから…もう一緒に寝るのはダメだ。
◇)やだっっ
隆)……
◇)じゃあ…もうずっとダメなの?
隆)……
◇)ずっとエッチも出来ないの?
隆)……
◇)こんなに…こんなに
  お兄ちゃんのこと好きなのに…
隆)……


◇が泣きそうな顔してる…


隆)頼むから…今日は戻って。
◇)……っ


◇が俺の手を
自分の胸に当てた。


隆)…っ///
◇)おね…がい…//
隆)ダメ…だ。
◇)あたし…バレてもいいもん。
隆)何…言って…
◇)だって…本当に大好きなんだもん。
隆)……
◇)何も悪いことしてないよ。
  恥ずかしくもないよ。
  お兄ちゃんのことが
  ただ大好きなだけだもん。
隆)……
◇)ね…、おにぃちゃん…


甘い声…
柔らかい胸…

ああ…もう…


隆)戻れ!!
◇)…っ


俺が強くそう言うと
◇は寂しそうな顔をして
自分の部屋に戻った。

泣きそうだった…な…


自分の気持ちを紛らわせるために
ベッドの中で布団をかぶってると

しばらくして◇が
泣いてる声が聞こえてきた。


◇)ぐすん…
  おに……ちゃ…ぁん…

 
泣くな。

泣くなよ…。


◇)おに……ちゃ…ん…


俺の名前を呼んでる。


◇)好きなの…
  ……大好き……なの……


俺だって…好きだ。


◇)寂しい…


……


◇)触って…ほしいよ…


俺だって触りたい。
今すぐ抱きしめに行きたい。

でも…


◇)は…ぁ…


……


◇)……おに…ちゃ…ぁ…ん
  …は……ぁ…//


え…?


◇)……あっ……///
  ん……は…ぁ…っ


息を詰めたような
◇の色っぽい声が聞こえてくる…

まさか…


◇)あ…っ…ん……///


あいつ…
一人で…シてる?


◇)は…ぁ…、おに…ちゃ…//


ヤバい…こんなの…

俺だって死ぬほど我慢してんのに…
こんな声聞かされたら…


◇)んっ…、、あ…っ…ぅん//


何…してるんだろう…
自分で…どこを触ってるんだろう…

想像しただけで…もう…///


俺はゆっくり自分のモノを取り出した。
とっくに膨らんでるそれを握って
そっと上下させる…


隆)は…ぁ…//


抱きたい。
あいつを…抱きたい。

シュッ…、シュッ…


隆)はぁ…、ぁ…っ//


あいつを思い浮かべながら
ゆっくりと動かす。


◇)おに…ちゃっ、あぁんっ//

隆)…っ///


隣からは…
か細く…卑猥な…◇の甘い声。

俺の名前を呼びながら
感じてる。

自分でシながら…俺を思い浮かべて
感じてるんだ。


◇)や、、だめ…ぇ…、おに…ちゃっ


興奮してしまう…

ああ…もう…

挿れたい。
今すぐにでも…
あいつと一つになりたい。


◇)あぁん…、あ、ぁっっ///


◇の甘くてエロい声が
俺をおかしくさせていく…


◇)あ、あ、あ…っ


イキそうなのがわかる。
何度も抱いてれば
声だけでわかる…


◇)あ、あ、…おに…っ、ちゃ…っ///


◇の声に合わせて
俺も動きを速める。

シュッシュッシュッ……


隆)あぁっ///


気持ち…イイ…

あいつの声だけで…こんな…


◇)や、や、やぁっっ//

隆)…っく、ハァ…ッ//

◇)あ、あ、…イッ…!!あぁっ///

隆)あぁぁッ///


ドピュッ…どくどく…っ


快感と脱力感が俺を襲って
俺はベッドに横になった。


耳をすますと…


◇)はぁ…はぁ…、おに…ちゃ…//


ああ、やっぱりあいつもイッたんだ。
そんな姿を…あいつのイキ顔を…
想像しただけで

こんなに興奮して…愛しくなって…

俺はおかしいんだろうか。

いい。
それでもいい。

こんなに…好きなんだ。
あいつが欲しいんだ。

でも…どうしていいかわからない。

答えが出ないまま
俺は無理矢理眠りについた。



▶️▶️NEXT
56
最初 前へ 53545556575859 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ