俺と妹
俺と妹
完結
お礼2
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/12/04
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
俺と妹 第8章 素直な妹
初めてあいつを抱いてから
もう毎日…SEXしてる。

あいつは…バカだから…
先輩のために…練習してるつもりなんだろうけど…

俺はもう…
抱くたびにあいつにハマっていって
好きな気持ちが止まらなくなって

おかしくなりそうだった。


可愛くて…
可愛くて…

愛しさが溢れてくる。


あいつは…
前と変わらずに無邪気に
「お兄ちゃん大好き」って…
今でも言ってくれる。

たまに…
SEXの最中に…潤んだ目で
何度もお兄ちゃんって呼ばれたり…

息を切らしながら
「好き」って…何度も言われると

錯覚を起こしそうになる。


あいつも本当に俺のことが
好きなんじゃないかって…

そんなわけ…ないのに。


あいつにとって
俺はただの兄貴なんだ。


俺がいくら…あいつを好きでも…
あいつを何度…抱いても…

俺はただの…兄貴なんだ。





トントントン…
ガチャ…パタン。


あ…帰ってきたのかな。


◇は…
寝る前に俺の部屋に来て
エッチしたいって言ったり

そのまま一緒に寝て
朝起きると
もう一回してって言ってきたり…

たまには…
学校から帰ってくるなり
したいって…甘えて
俺の部屋に来たりする…

……///


俺が断るわけもなく…
そんな可愛く
したいなんて言われたら…
俺だって止まらない。

いつも…
無我夢中にあいつを抱いて

そのぬくもりに溺れる。


なんであいつは
あんなに可愛いんだろう。

前からずっと
大好きで大切で特別な存在だったけど
抱いてから…その想いは深くなるばかりだった。


可愛く俺を求めてくるのも
おねだりしてくるのも…

可愛い顔も声も…
あいつの全てが…俺を狂わせる。
37
最初 前へ 34353637383940 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ