ファミレス
ファミレス

いいね83 コメント3
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/15
最終更新日:2017/01/26 20:19

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ファミレス 第3章 忘れられない快感
臣)なぁ…♡
  昨日のお前、すげぇエロかった。
◇)……
臣)たまには外ですんのもいいなw
◇)……
臣)お前も興奮したろ?
◇)……
臣)…って、聞いてる?
◇)あっ…


今日は臣の家に泊まりに来てる。


◇)昨日…
臣)そ!オレまた店行くわ♡
◇)え?
臣)また店でシよ…?
◇)えっ
臣)思い出したらまた興奮してきた♡
◇)…っ
臣)……シよ。
◇)あ…っ//


抱き上げられてベッドへ連れていかれる。


◇)あっ…ん、や、ぁっ…
臣)は…ぁ…っ


臣が好き。


◇)は…ぁ…っ、お…みっ
臣)ん…っ


臣とのエッチも好き。

だって…

大好きな臣に触られてるんだよ?
気持ちいいもん。


◇)ふゃ…ぁっ…
臣)ん、もっと…っ
◇)んん…っ//


なのに…どうして…


臣)あ…ッ
◇)やっ、あっ…、臣…ぃっ!//
臣)…ッ、イ…く…ッ
◇)は…ぁ…っん…
臣)あぁ…ッッ///


どくんっっ


……





臣)気持ち良かった?
◇)……うん。
臣)オレもーー♡
◇)……
臣)最高♡
◇)……


そう言って満足そうに、
あたしを抱き寄せて眠る。

いつもそう。


◇)……


臣とのエッチは気持ちいいけど
あたしはいつもイカせてもらえない。

臣は自分がイケば満足なんだもん。


◇)は…ぁ……


だからあたしはいつも
物足りない。

臣に腕枕されながら思い出すのは…

昨日の快感。



………………………………………………………



男)今日も暇だなぁ、おいw
女)うちの店、平日の暇さ加減やばいよねw
男)土日はくっそ忙しいのになーー
女)ほーんと。
◇)……
男)どうした?ぼーっとして。
◇)……
女)◇……?
◇)はっ!!


またぼーっとしてた!!


男)どうせ彼氏のことでも
  考えてたんだろw
女)一昨日来てた◇の彼氏、
  めっちゃイケメンだったよね〜♡
◇)……


あたしが考えてたのは…
臣のことじゃなくて…

健二郎くんのこと。




「奥で…イキたいんやろ?」

「ここ…やろ?…ほら…」


◇)////


思い出しただけで…
顔が熱くなる。



「臣よりええやろ?w」

「何回でも突いたんでー?こーこ♡」


すごく…
気持ち良かった。


◇)……



「あぁっっ、ふぁぁんっ///」

「あああああッッッ///」


◇)////


久々に…イケたの。

すごい感覚だった。

あたし…


「まーたいっぱいイカせたるw」


健二郎くんはそう言ってくれたけど
帰りに渡した番号。
連絡はまったく来ない。


また…会えるのかな…?
また…抱いてくれるの…かな…




チリンチリン…ッ


男)いらっしゃいませーー
  お一人様ですか?
健)ああ、はい。
男)こちらへどうぞーー


◇)!!!!


健二郎くんだ!!!!


あたしは動揺を隠しながら
慌ててお冷を用意する。


◇)……ど、どうぞ…
健)ん、ありがとう。


来て…くれた。
今度は一人で。

それって…


健)なんやw
◇)えっ…
健)そんな物欲しそうな顔で
  俺のこと見んなやw
◇)えっ!///


あたしっ、そんな顔してたの!??
恥ずかしい!!//


健)なんや、図星か?
◇)…っ
健)……
◇)……
健)まだ欲求不満なん…?
◇)……//


あたしが渡したメニューを
パラパラとめくりながら

さらっとそんなことを聞いてくる。


健)ええで…?
◇)え…っ
健)休憩、何時から?
◇)…っ
健)……
◇)30分…後…
健)わかった。
◇)…っ


健二郎くんが小さくあたしの手を握った。


健)あんま腹減ってないんよなーー
  コーヒー一つ。
◇)かしこまりました……


ドキン。

ドキン。


胸が騒ぐ。


◇)……


さげてきたメニューを戻して
デシャップに戻る。


「ええで…?」


◇)////


それって…


ドキン。

ドキン。


どうしよう…

期待してる身体が、もう熱い。


男)やっと客来たと思ったら
  コーヒー一杯かよーーw
女)売り上げにならんわね。
◇)…っ


そういえば…
お腹すいてないって…

じゃあどうして来てくれたの?


あたしに…会いに来てくれたの?


男)暇だからもう休憩まわそうぜ。
女)いいね!
男)じゃあさっきからぼーっとしてる
  ◇から。
◇)えっ…
女)行っといで〜〜
◇)……


デシャップを出て
健二郎くんの方を見ると

目が合って

視線だけで多分、気づいてくれた。


◇)……


一人で休憩室に入って

鍵をかけずに待ってると…


バタン。



ガチャンーー



◇)……

健)早かったやんw

◇)////


来て…くれた。


ドキン

ドキン。


健)せやからそんな顔
  すんなっちゅーのw
◇)…っ


ドサッ


あたしの隣に勢い良く座るから
ソファーが深く沈んだ。


健)顔がエロい。
◇)えっ///


思わず顔を両手で隠す。


健)ふはっww
◇)////
健)可愛いやっちゃなーw
◇)////


頭をくしゃりと撫でられて…


健)昨日も臣とシたんやろ?
◇)…なん…で…っ
健)今日臣が自慢しとったからw
◇)////


臣のばかっ!
恥ずかしいじゃん!//


健)最高やった〜♡って言うてたで。
◇)……
健)……
◇)……
健)その顔は…
  ◇ちゃんはまた
  イカせてもらえんかったんやな…w
◇)…っ///


くすくす意地悪顔で笑う人。


健)ほんまあいつは
  自分勝手な男やなぁ…
◇)……
健)SEXなんて
  女をイカせてなんぼやっちゅーのに。
◇)……//
健)大事な彼女に
  こんな欲求不満な顔させて。
◇)…っ
健)悪い男や。
◇)////


あたし…そんなに顔に出てるの?//


健)ほら、こっち来ぃや。
◇)あっ…


抱き上げられて
健二郎くんの膝の上に乗せられた。


健)相変わらずエロい制服やなぁw
◇)…っ//


健二郎くんの左手が
あたしの腰をしっかりホールドして…

右手は…あたしの唇を優しくなぞる。


◇)あ……//


思わず口を開けると


健)ほんまに…欲しそうな顔。
  たまらんわ…
◇)////


そのまま健二郎くんの指が
あたしの口の中に入ってきた。


◇)……


ぴ…ちゃっ…


ぺろ…っ


健二郎くんの指と
あたしの舌が

いやらしい音を立てて絡み合う。


なんかこれ…
キスよりエッチ…///


健二郎くんの左手は
腰から少しずつ降りていって

あたしの太ももを撫でた。


◇)んっ…


ぴくんっ


健)なんや…敏感やな…w
◇)////


ちょっと太ももを触られただけで…
恥ずかしい…


健二郎くんはあたしの口から
指を引き抜くと

それをぺろっと舐めて見せた。


◇)…っ


そのセクシーな表情に
ドキドキ…する。


◇)は…ぁ…っ


太ももをいやらしく撫でながら

右手は器用に
あたしのシャツのボタンを外していく。

少し出来た隙間から
するりと手を滑り込ませ…


◇)あ…っ


ふくらみをやわやわと揉まれる。


健)どこ触っても柔らかいなぁ…
◇)……//


あたしの胸に顔を埋めて
そんなことを言うから

なんだか愛しくなって
きゅっと頭を抱える。


健)ふ…っw


健二郎くんはあたしから離れて
ポスッとソファーの背もたれに頭を預けた。


健)おっぱい出して?
◇)……
健)……
◇)え…?!


驚いたあたしを
くすくす笑う意地悪な瞳。


健)舐めたいねん。
  自分で出してや。
◇)…っ//


いやらしく自分の唇をぺろりと舐めて
あたしを挑発してる。


恥ずかしい…けど…

でも…

舐めて…ほしい…//


◇)…っ


シャツの隙間から
そっと胸を出すと…


健)俺の目の前に持ってきて。
◇)…っ


ずっとニヤニヤしたまま
意地悪な命令を続ける。


そっと…近づくと…


健)ええ眺め♡
  ほら、これやったら舐められへんで?
  ちゃんと出しぃや。
◇)////


言われた通りに…

ブラを…少しだけ…下にずらすと…


健)ああ、ええ子や…
◇)あっ…
健)ほら、もっと…
◇)ん…っ


背中に回された手に
グイッと押されて

健二郎くんの顔に胸が当たって…
そのまま…


ちゅぱっ…じゅるっ…


◇)んぅっ…///


音を立てて吸い付かれて…


ちゅぱちゅぱっ、れろっ…


◇)ふ…ぅ…っ//


舌先で器用に先端をくすぐられる。


◇)は…ぁ…っ//


健二郎くんに命令されたのに…
これじゃああたしが舐めさせてるみたい。
14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ