ストッキング
ストッキング

お礼1
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/14
最終更新日:2016/01/13 21:58

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ストッキング 第1章 【健】止まらないムラムラ
玄関やろうがなんやろうが
もう関係あらへん。


興奮しながら
胸を荒々しく揉む…

でもその先端には優しく口付ける…
舌を擦らせれば

息を詰めて…可愛い声で啼く…


◇)ダメ…だよぉっ…こんな…っ//
健)黙って感じとき…
◇)あ、…ふ…ぅっ、んぁっ//


そのまま柔らかい身体を
撫でまわし…

オレは彼女の前にしゃがみこむ。


◇)え…健ちゃ…?


ビリビリビリッ


◇)やぁぁんっ///


破れていたストッキングを
さらに引き裂く。

下着のあたりまで裂けたのをいいことに
オレは隙間から舌を這わせてゆく…

下着を少しずらし…
舌を伸ばそうとすると

グッとおさえられた。


◇)やぁっっ///
健)なーにが嫌やねんw

◇)や、やめ…っ
健)もう濡れてんねやろ?

◇)し、知らないっ…//
健)ほんならオレが確認したるわw

◇)やめて…ぇっ//


強引に下着をもっと下におろせば
透明な糸がツツーッと光る。

たまらんくなったオレは
すぐさまそこにしゃぶりついた。

ちゅぱちゅぱちゅぱっ…ジュジュッ…


◇)ふぁぁぁぁっっっ////


がくんっ


一気に気持ち良くさせすぎたのか
◇が腰から崩れ落ちた。


健)おいおいおいw
  舐めれんやん。
◇)あ…、あ……っ//


とろんとした目でオレを見てる。


壁を背に座り込んだ彼女の秘部へ
指をさしこむと
卑猥な音が…

クチュクチュッ…ぴちゃっ


◇)や、や、…あ、あぁっ///

健)こーんな濡らして…
  床にこぼれんで〜?w

◇)あ…っ、だ…って…

健)ええ…で?

◇)え…?

健)もっと…濡れて…
  ぐちょぐちょになって…
  汚したらええ…

◇)……っ///


◇の顔がカァッと赤くなる。
こんだけ濡れてんねやったら…もう…

欲しくて欲しくて
興奮が止まらんオレは

優しく愛撫してやる余裕もない。

◇を無理やり立たせて壁へ追いつめる…


健)前からと後ろから…
  どっちがええ?
◇)えっ…!///


戸惑って黙り込む◇を
強引に抱き寄せ
片脚を持ち上げる。


健)アホなこと聞いたわ…
◇)えっ…
健)どっちもすればええねやな…
◇)あっっっ///


ぐぐっ…じゅぷっっっ


◇)んぁぁぁあっっ///
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ