個人指導
個人指導

お礼1
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/12
最終更新日:2016/10/13 21:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
個人指導 第1章 無意識の誘惑
本当に一番迷惑してるのは…
こんな密室でマンツーマンで教えなきゃなんないこと。


イイ匂いがしたり…
たまに可愛く笑ったり…

そんなこいつにたまにドキッとする自分に腹が立つ。

こいつはまだガキだっつーの!!


◇)はぁ…少し…暑いな…//

パタパタ…

臣)!!!


いきなり制服のボタンを外して
胸元をパタパタしだした。

誘ってんのかおい!!
ふざけんな!!


臣)エアコン入れてくる。


俺が部屋を出ようとすると
その手を掴まれた。


◇)いいよっ!!
  電気代もったいないもん…っ
臣)……。


ゆっくり振り向くと…
あ〜〜〜!!
少し顔を赤らめてまた上目遣い!///


◇)補習の私のためなんかに
  エアコンなんかもったいないから
  我慢するっ。


お前が我慢出来ても
俺が我慢出来なくなんだよっ!!


パタパタ…


問題を読みながら
パタパタ仰ぐその制服の隙間から…
胸の谷間がチラチラ見え隠れする…

くそっっ…///


◇)先生…やっぱりわかんないよぉ…
臣)どこ!


俺は◇の前の席に座った。


◇)これぇ…やっぱり難しい…
  はぁ…あ…つい…//

パタパタ…

◇)あっ…


◇が胸元を何度もパタパタさせるから
その勢いでボタンがもう一つ開いて
谷間がもろ見えた。


◇)わっ…///


慌ててボタンを留めようとする
◇の手を掴む。


臣)お前さ…、さっきから誘ってる?
◇)え…っ


しばらく見つめ合う…


◇)誘う…って…、えっ?///
臣)意味、わかんだろ?
◇)そんな…つもりじゃ…っ
  ごめんなさい!///


顔を真っ赤にして
俺の手をほどこうとする。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ