個人指導
個人指導

お礼1
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/12
最終更新日:2016/10/13 21:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
個人指導 第1章 無意識の誘惑
俺は塾講師をやってもう6年になる。
生徒からすると「先生」って
どこかカッコ良くみえるもんなのか…
よく告白もされる。ガキに興味なんてねぇけど。


って…
今まではずっとそう思ってたのに…

今年は…やたら気になる生徒が一人いる。


とにかく見た目がなんかエロい…//

肌を露出してるとか…
そんなんじゃ全然ねぇのに…
やたらフェロモンが出てる。

っつーことに本人は気付いてない。


くっそ〜〜〜
10代のくせになんなんだよその色気は!!


授業中も…気付けば目で追ってる自分がいて…
慌てて我に返る。


俺…別にそんな趣味ねぇっつーの!
女は…エロくてキレイな大人の女がいいし…
いくらエロいっつったって…こんなガキ…
ないない!!!


つーかその前にこいつは
めちゃくちゃ頭が悪ぃんだよ!!


◇)先生…今日も補習私だけぇ?
臣)そ。とっとと座れ。
◇)はぁ…
  昨日のテストも全然ダメだったしなぁ…
臣)お前ほんとに頭悪ぃからな。
◇)ひっどーい!!
臣)はははw
  ほら、やるぞ。
◇)ぶぅ……


思わず頭を撫でてしまって
また我に返る。

何やってんだ俺。
触んな触んな…


◇)いっつも私だけ…
  先生もうんざりしてる…?


可愛く上目遣いで聞いてきやがった。


臣)すげぇ迷惑。
  お前のためにこの個室
  取っとかなきゃなんねぇし
  俺の残業は増えるし。
◇)……


あ。しょんぼりしてる。


◇)ごめんなさい…
臣)冗談だよっw
  ほら、とりあえずこれ解け。
◇)はーい…
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ