個人指導
個人指導

いいね85 コメント1
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:年の差恋

公開開始日:2015/11/12
最終更新日:2017/07/03 21:08

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
個人指導 第1章 無意識の誘惑
(臣side)


俺は塾講師をやってもう6年になる。
生徒からすると「先生」って
どこかカッコ良くみえるもんなのか…
よく告白もされる。ガキに興味なんてねぇけど。


って…
今まではずっとそう思ってたのに…

今年は…やたら気になる生徒が一人いる。


とにかく見た目がなんかエロい…//
肌を露出してるとか…
そんなんじゃ全然ねぇのに…
やたらフェロモンが出てる。
っつーことに本人は気付いてない。

くっそ〜〜〜
10代のくせになんなんだよその色気は!!

授業中も…気付けば目で追ってる自分がいて…
慌てて我に返る。


俺…別にそんな趣味ねぇっつーの!
女は…エロくてキレイな大人の女がいいし…
いくらエロいっつったって…こんなガキ…
ないない!!!

つーかその前にこいつは
めちゃくちゃ頭が悪ぃんだよ!!


◇)先生…今日も補習私だけぇ?
臣)そ。とっとと座れ。
◇)はぁ…
  昨日のテストも全然ダメだったしなぁ…
臣)お前ほんとに頭悪ぃからな。
◇)ひっどーい!!
臣)はははw
  ほら、やるぞ。
◇)ぶぅ……


思わず頭を撫でてしまって
また我に返る。

何やってんだ俺。
触んな触んな…


◇)いっつも私だけ…
  先生もうんざりしてる…?


可愛く上目遣いで聞いてきやがった。


臣)すげぇ迷惑。
  お前のためにこの個室
  取っとかなきゃなんねぇし
  俺の残業は増えるし。
◇)……


あ。しょんぼりしてる。


◇)ごめんなさい…
臣)冗談だよっw
  ほら、とりあえずこれ解け。
◇)はーい…


本当に一番迷惑してるのは…
こんな密室でマンツーマンで教えなきゃなんないこと。


イイ匂いがしたり…
たまに可愛く笑ったり…

そんなこいつにたまにドキッとする自分に腹が立つ。

こいつはまだガキだっつーの!!


◇)はぁ…少し…暑いな…//

パタパタ…

臣)!!!


いきなり制服のボタンを外して
胸元をパタパタしだした。

誘ってんのかおい!!
ふざけんな!!


臣)エアコン入れてくる。


俺が部屋を出ようとすると
その手を掴まれた。


◇)いいよっ!!
  電気代もったいないもん…っ
臣)……。


ゆっくり振り向くと…
あ〜〜〜!!
少し顔を赤らめてまた上目遣い!///


◇)補習の私のためなんかに
  エアコンなんかもったいないから
  我慢するっ。


お前が我慢出来ても
俺が我慢出来なくなんだよっ!!


パタパタ…


問題を読みながら
パタパタ仰ぐその制服の隙間から…
胸の谷間がチラチラ見え隠れする…

くそっっ…///


◇)先生…やっぱりわかんないよぉ…
臣)どこ!


俺は◇の前の席に座った。


◇)これぇ…やっぱり難しい…
  はぁ…あ…つい…//

パタパタ…

◇)あっ…


◇が胸元を何度もパタパタさせるから
その勢いでボタンがもう一つ開いて
谷間がもろ見えた。


◇)わっ…///


慌ててボタンを留めようとする
◇の手を掴む。


臣)お前さ…、さっきから誘ってる?
◇)え…っ


しばらく見つめ合う…


◇)誘う…って…、えっ?///
臣)意味、わかんだろ?
◇)そんな…つもりじゃ…っ
  ごめんなさい!///


顔を真っ赤にして
俺の手をほどこうとする。

俺は手を離さない。

すると
空いているもう片方の手で
必死にボタンを留めようとする…
でも…片手だから上手く留められず
焦り始める◇…。


◇)せ、先生っ、離してっ
臣)大きな声…出すなよ…
◇)えっ…?あ…っ
  んっっ!!///


俺は空いていた自分の片手を
◇の後頭部にまわし
キスでその唇を塞ぐ。

死ぬほどやわらかい薄紅色の唇。


◇)んっ、んっ、んんんっ///


その唇を何度も柔らかく包み
少し離すと

◇の顔は真っ赤になっていた。


◇)ふ…っ、はぁ…っ///
  せん…せ…どうして…///


その言葉を遮るように
また口付ける。

今度は…強引にその唇を舌で開かせ
中に押し入る。


◇の舌を捉えると
掴んでる手がぴくんと動いた。


◇)ふ…っぅぅん!///


そのまま◇の柔らかい舌を
舌先で舐めてゆっくり味わう。

次第に…
◇の手から力が抜けていくのがわかる。


◇)…は…ぁ…///
  せ…んせ…い……///
臣)気持ち良かった?
◇)う…ん……//


トロンとした目で俺を見てくる。


臣)もっと…してほしそうな顔…
◇)…うん…//
臣)ほんとに…?
◇)……///


コクンと頷く。

俺は一度◇の手を離し立ち上がった。


ガチャン。

個室の鍵を閉める。


◇)あ…っ…///


それを見て戸惑う◇。

もう…察したよな?


◇の手を引っ張り立ち上がらせる。

そのまままた深く口付け…
今度は机の上に座らせる。


◇)んんっ……//
  ふ…、ぅぅ…ん…、っっ///


キスだけでそんなに感じてるのか
ふわっと後ろに倒れそうになる◇の身体を
慌てて支えた。


◇)先…生…っ///


ああ…この目だ。

俺の理性を吹き飛ばすこの目。

トロンと気持ち良さそうに
目を潤ませながら上目遣いで見てくる。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ