朝のキッチン♡
朝のキッチン♡
完結
お礼1
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/12
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
朝のキッチン♡ 第7章 【臣】前半
❀の口内を…柔らかい舌を…
舌先で思う存分に味わう…

唇を離すと
少し息を切らせて
俺を見上げた。


❀)ミントの味する…//
臣)歯磨いたばっかりだからなw
❀)うん…//

きゅっ…


❀が俺のTシャツをつかんできた。


臣)なに。
❀)……//
臣)んー?
❀)わかる…やろ…//
臣)…もっと?
❀)んっ!//


そんな彼女の可愛いおねだりに
俺もテンションが上がる。

また深いキスを繰り返し
彼女のキャミをゆっくり捲り上げ
それと同時に脇腹をいやらしく撫でる。


❀)っ//


肌に触れた途端
ピクンと素直に反応する彼女。


脇や背中を撫でながら
彼女の吸い付くような肌を楽しんで…
胸の膨らみへと手を伸ばす。


やわやわと揉むと
彼女は舌を積極的に絡めてきた。


これは…
触って欲しい合図。


ニヤけそうになりながら
ゆっくりと先端へ指を動かし…

そっと触れる。


臣)勃ってるけど。
❀)……言わんでええ//

臣)恥ずかしいの?w
❀)もう…意地悪せんといてっ//

臣)くくくっw
❀)なぁ…//

臣)なに…
❀)もっと…

臣)んー?
❀)そこ…

臣)ここー?
❀)んあっ…、ぁぁ//


先端を指でクリクリ擦ると
気持ち良さそうに目を瞑った。

でも知ってる。
こいつは…
指で弄られるより
舌で舐められる方が好きなんだw


臣)❀…?
❀)…ん…っ


頬を染めながら
目を開けた。

そんな彼女の前で舌をいやらしく出してやる。


❀)……っ//
臣)舐めて…ほしい?
❀)///
臣)ほら…

れろっ…

まるで…
乳首を舐めているかのように
目の前で舌を動かしてやる。


❀)や…っ、広臣エロいっ!//
臣)ふーんw
❀)あほっ//
臣)じゃあ舐めなくていいんだ?
❀)……//


彼女の唇をぺろっと舌で舐めてやる。


❀)ふぅっん//
臣)なに、今ので感じたの?w

❀)感じて…へんっ//
臣)くくっw

❀)感じてへんもん!//
臣)素直じゃねぇなぁ…w


キャミをもっと強引に捲り上げると
二つの膨らみが
目の前で揺れた。


❀)あっ…//


恥ずかしがりながらも…
少し期待している声…

でも…

舐めてほしいところには舌を当てず
周りばかり焦らして舐めてやる。


❀)んっ…//…いや…ぁ…//
臣)早く言わねぇと…
  いつまでもここだぞ?
❀)……っ//

れろ…っ

❀)ちゃんと…舐めてぇや…//
臣)どこ?
❀)ここぉ//


恥ずかしそうに先端を指差した
❀の指先を舐める。


❀)何すんねんっ//


お構いなしにいやらしく舐め続けると
目を細めて俺を見た。


❀)広臣…エロい…//
臣)ん…。


そのまま指を絡めて握り

焦らし続けた胸の先端へ
舌を伸ばす。


ちろっ…、ちゅう…っ

❀)んんんっ!!///

びくん!!
18
最初 前へ 15161718192021 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ