漫画喫茶
漫画喫茶
完結
お礼1
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
漫画喫茶 第7章 【臣】前半
臣のを握りながら
唇を近づけると
臣に思いきり抱きかかえられた。


❀)きゃっ!///
臣(シーーッ…)
❀(臣…?//)


あたしを後ろから抱きかかえて
うなじに静かにキスしてきた。

時々…舌でやわらかく舐められて
ぴくんと反応しちゃう///


そのまま手が服の中に入ってきて
胸を…もまれる…

指が…ブラの隙間から…


あっ///


くり…、、くり…っ


❀(や、やっ…///)
臣(こーゆーこと、してほしかったんでしょ?w)
❀(ち、違う…もん///)


そのまま乳首を優しく刺激されて…
あたしは声を我慢するのに必死で…


❀)……は……ぁ……っ///


臣の手はそのままあたしの膝に触れて
ゆっくりと脚を開かせる。


❀(…え、…えっ…//)
臣(もう…触って…ほし?)
❀(……臣…?//)


そんなつもりじゃ…なかったのに…
臣の…ちょこっと舐めたかっただけなのに…

もう身体のスイッチを
入れられちゃった…



優しく脚を開かされて
臣の手は
ゆっくりと下着に伸びていく…


臣(あーあw)
❀(……///)


「濡れてる」って…
そう言いたげな臣のため息。

だって…


臣(触りやすいように…脱がして…い?)
❀(……///)


あたしはもう…
すっかり触ってほしくなっちゃってて…

小さく頷くと

臣はあたしのパンツを
太ももの下までおろして…

秘部をそっと…指で撫でた。


く…ちゅ…っ


❀)……っ///


どうしよう…
音が…聞こえちゃうよぉ…っ///


臣(バレないように…静かにな…)
❀(……っ///)


音が立たないように
いつもよりゆっくり触ってくれる臣。

こんな場所で…
臣にもたれながら

こんなエッチなことされて…

他の人にバレたらどうしようって思うのに…
すごく興奮しちゃう///


気持ち…イイ…よ…ぉ///


あ…、あ……っ、ああっ///


臣(…気持ち…イイ?)


臣が耳元で小声で囁く…

その声にすらぞくぞくしちゃう…

すっごく…気持ちイイ…///
25
最初 前へ 22232425262728 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ