禁断の純愛
禁断の純愛
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/01
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
禁断の純愛 第3章 再会
◇が男三人に
連れていかれそうになってるのを
見つけて

俺は慌てて呼び止めた。


遠くからでも…
すぐに◇だってわかった…

忘れるわけない…
大好きな…誰よりも大事な◇の姿を…


振り返った◇は
6年前よりも
ずっと大人になっていて

でも…間違いない、◇や。


◇は…
死んだような目で俺を見た。


◇)おに…ちゃ…ん?
健)……


しばらく俺を見た後
◇は男達の腕を掴んだ。


◇)早く…して…
男)は?
◇)早く…連れてってよ!!!
男)あ、ああ……


男たちがそのまま◇を
連れ去ろうとした。

何でや!!!


健)待てや!!!


男たちが◇を抱き上げて
ホテルに入ろうとした。

俺は後ろから体当たりして
蹴り飛ばして…
また立ち上がれないくらいに殴りつけた。


◇)いや!!離して!!
健)何言うとんねん!!


◇は泣きながら
俺の手をふりほどこうと抵抗する。


◇)離してってば!!!
健)あほ!!!


話にならんから
俺はとりあえずそのまま◇を担いで
目の前のホテルに入った。


ベッドに◇を座らせると
◇はすぐに立ち上がって
部屋を出ようとした。


健)待て!!!


思わず後ろから抱きしめた。


◇)離して!!!いや!!!
健)離さんわ!!!
◇)……っ


腕の中で…
◇が大人しくなった…


健)どんだけ心配したと
  思ってんねん!!
◇)……
健)街中探して…やっと見つけて…
◇)……
健)やっと…会えた…
  …やっと……


◇の小さな身体を抱きしめながら
俺は泣きそうやった…


◇)やめ…てよ…
健)……
◇)離し…て…
健)会いたかった…
◇)……
健)ずっと…会いたかった…
◇)……


今…俺の腕の中におる…
生きてる…
それだけで…もう…


◇)あたしは…
  会いたくなかった…
健)……
◇)なん…で…?
  なんで会いに来たの…?
健)……
◇)あたしのことなんて
  もう…忘れてよ…っ
健)……っ


◇の肩が…震えてる…


◇)お兄ちゃんは…
  お母さんと幸せなんでしょ…?
健)……
◇)だったら…
  あたしのことなんて…
  もう…いいじゃない…


聞き慣れない標準語で
静かに話す◇が…
なんだか遠くに感じる…


健)ええわけないやろ…
  言ったやん。
  お前は…俺の宝も…
◇)やめてっ!!!!


◇が振り返って
目に涙を浮かべながら
俺を見た。


◇)あたし…もう…
  違う…のっ…


綺麗な瞳から
涙がこぼれだす…


◇)お兄ちゃんが知ってる
  あたしじゃないっ!!!
健)……っ
◇)もう…汚いの……
健)……
◇)こんな…あたし…
健)……
◇)お兄ちゃんの
  宝物なんかじゃ…ない…
健)……
◇)こんなあたし…
  見られたく…なかった!!

どんっ……

◇が泣きながら
俺の胸をたたいた。


◇)どうして…
  会いに来たりしたのぉっっ!!!


泣きながらそう叫ぶ◇を
俺はひたすら抱きしめた。


◇)会いたくなんてなかった!!
健)うん…
◇)見られたくなかった!!
健)うん…
◇)もう…嫌なのっっ!!
健)……
◇)もう死にたい…
健)……っ
◇)もう…消えちゃいたいよ…っ


そう言って◇は
泣き崩れた。

俺は◇を抱き上げて
もう一度ベッドに座らせた。
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ