禁断の純愛
禁断の純愛
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/01
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
禁断の純愛 第2章 6年後…
男)ねぇ…もう一回しよう?
◇)……
男)お願い…もう一回だけ…
◇)……


この男も面倒臭くなってきた。
もういらない…


◇)今日は帰る…
男)えっ!!どうして……
  うちに泊まっていきなよ!!
◇)いい……


面倒臭い男は鬱陶しい…
あたしは…ただ…
身体と引き換えに
あったかいベッドとご飯に
ありつければそれでいい。

感情なんて…ないんだから…

好きになってくれとか
何かを求められるなんて冗談じゃない…


今日も夜の街を一人で歩く…


男)君…一人??
男)すっげぇ可愛いじゃんw
男)俺らと遊ばない…?


男が三人…

あたしが探してるのは
宿になる男。


◇)結構です。
男)そんなこと言わないでさ〜〜♪
男)黙って言うこと聞こうよw
男)一緒に…気持ちイイことしよ?
◇)……っ


こいつら…
三人も相手にするなんて冗談じゃない。


◇)離せっっ!!!!
男)大丈夫大丈夫w
  俺らちゃ〜〜んと
  優しくしてあげるからw
男)そうそうw
  優しく気持ち良〜〜く
  してあげるからw
◇)離せ!!!!
男)暴れても無駄だよ〜〜〜w


ああ…そうだった…
暴れたって…
いくら抵抗したって無駄なんだ…

だったら…意味ない…


男)お?なんだこいつ
  いきなり大人しくなったぞw
男)ははははw
  今のうちにホテル行こうぜ。
男)だなw


男に掴まれて
無理矢理歩かされる…

こんな生活…
いつまで続くんだろう…

もう…


「◇…!!!」


え…?


「◇……!!!!」


声が…聞こえる…

あたしの…名前…呼んでる……



振り返ると
そこにいたのは……
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ