禁断の純愛
禁断の純愛
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/01
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
禁断の純愛 第2章 6年後…
「あの子ね、最近帰ってこないのよ。」


叔母さんの家をたずねて
最初に言われた言葉はそれだった。

帰って来ない…?


健)どういう…ことですか?
叔)携帯に連絡しても全然繋がらないし
  でもたまに家に帰ってきてる気配はあるの。
健)……


どういうことや…


叔)でも…折角健二郎くんが
  来てくれてるんだし…
  ちょっと電話してみるから…
  良かったら◇ちゃんの部屋で待ってて?
健)はい……


何でやねん。
◇がずっと帰って来てなくて
なんでそんな冷静やねん。

自分の子供じゃないのはわかるけど…

あいつ…ここでちゃんと
生活出来てたんやろか…

最初の頃の手紙には
みんなよくしてくれて
毎日元気にやってるよって
書いてあったけど…

今ではどうなってるんかもわからんし…


俺はそのまま◇の部屋に行った。
物が少ない殺風景な部屋。

何か気になって…
机の引き出しを開けてみると
俺が書いた手紙が
封を切らずにそのまま入っていた。
何通も…たくさん…

あいつ…読んでない…?
だから…返事も来なかった…?


でも…ここにあるってことは
あいつの意志で開けてへんってことや。

なんで……


兄)最近つまんねぇな。
弟)ほんとだよ。
  この間やりすぎたのかな。
兄)お前が暴走すっからだぞ。
弟)だってさ〜〜


隣から声が聞こえてきた。
会ったこともない…従兄弟の声。


兄)マジたまってんだけど。
  早くあいつで抜きてぇw
弟)あいつ帰ってこなくなったもんな。
兄)逃げても無駄だっつーのw
  帰ってきたらもう
  外に出られないようにしてやるか。
弟)あはははw


まさか…こいつら…


バタン!!!!


兄)うわっ!!
弟)びっくりした…!!
兄)誰だよあんた。
健)お前ら…あいつに何してん…
兄)は…?
弟)あいつって…◇のこと?
兄)なんだよあんた、彼氏?
弟)は?マジ?w
  あいつ彼氏いたの?
兄)あんな女でいいの?
健)は…?
兄)だってあいつ…俺らのオモチャだぜ?
弟)あははははw
健)……っ


俺は…
言葉もなく

ただひたすら拳を振りかざした…

こんなん…
大嫌いだった親父と
一緒かもしれん…

暴力で…相手を黙らせるなんて…
でも…
それでも止まらなかった。

俺は…二人が喋れなくなるまで…

息も出来なそうになるくらい
ボコボコに殴り倒した。


叔)きゃああっっ!!
  何してるのっ!!


2階に来た叔母さんが
悲鳴をあげた。


健)それはこっちのセリフや!!
  ふざけんな!!!


俺はそのまま家を出た。

あいつは…どこにおんねん!!

そのまま俺は
何のあてもなく
街中を探しまわった。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ