禁断の純愛
禁断の純愛
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/01
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
禁断の純愛 第2章 6年後…
あれからもう6年。

俺は高3になっていた。

中学の時から朝夕と毎日新聞配達をして
高校生になってからは週6でアルバイトをして
毎月母ちゃんに金を渡す。

早く大人になりたい
母ちゃんを助けたい
ずっとそう思っていた俺は
少しでも母ちゃんを助けられることが
嬉しくて嬉しくて
喜んで毎日働いた。

成績が落ちたら
母ちゃんが心配するから
勉強も死ぬほどやった。


母ちゃんの笑顔も増えて
俺たちの暮らしは平和だった。


ただ一つ気になるのは
いつでも…どこにいても…
◇のことだった。

会いたい。
◇に会いたい。


◇から手紙の返事が来なくなったのは
いつからだろう…

叔母さんの家に電話をかけても
◇はいつもいなくて

会いたい。

あいつ…何してんねやろ。
元気なんやろか…


どんなに離れてても
俺の頭の中は
いつでも◇のことばかりで…


母)健二郎、明日やな。
健)おん。
母)気をつけて行ってくるんやで?
健)◇の顔も見てくるわ。
母)せやな。母ちゃんも心配やわ。


俺は大学の下見で
二日間東京に行くことになっていた。

大学の下見なんかよりも
叔母さんの家をたずねて
◇の元気な姿を確認したい。
あいつに…会いたい…

俺は交通費と僅かなお金を握りしめて
東京に向かった。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ