ナースとオモチャ
ナースとオモチャ
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/10/12
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ナースとオモチャ 第7章 【臣】退院祝い?
登坂さんの個室で…
いきなりあんなHしちゃって…

私の頭の中はもう
登坂さんでいっぱいだった//

あの後…
服を整えて部屋を出ると
丁度同期の女の子が一人だけいて
ニヤニヤしながら言われた。


女)大胆だねーw
❀)えっ///
女)大丈夫♡
  誰も気付いてないからw
❀)……///
女)どうだった?登坂さん…w
❀)す、すごかった///
女)いやーんっ♡♡
  羨ましすぎるーーw
❀)……///
女)おっきかった?//
❀)うん……//
女)ヤバーー//


思い出しただけで…
ドキドキしちゃう…

でも…

あんな流されてHしちゃったけど
良かったのかな…

「好き」って…言われたけど…
登坂さんなんてきっとモテるし
もしかしたら
バカなナースと適当にHするために
嘘ついただけかもしれない。

私…騙されたのかな?

そんな考えが頭をよぎっても…
それでも…
私の身体は熱くて
もう一度彼に抱かれたい…
そんな想いでいっぱいだった。

好き…

彼が…好き。


あのHの後は
彼の個室に行っても
彼は全然普通で
何も言ってこないし…何もしてこない。

でも…
あの引き出しにはあのオモチャが入ってて…

このベッドで…私は…

……////

やっぱり…
思い出しただけで
濡れちゃいそうなくらい
ドキドキする//


そして迎えた登坂さんの退院の日。


臣)今日、昼何時?
❀)え?

臣)休憩。
❀)えっと…今日は13時から。

臣)ふーん、了解♪
❀)え?

臣)……
❀)登坂さんは今日…退院ですもんね。

臣)うん。お世話になりました♪
❀)……


寂しい。

もう彼に会えなくなるのが…。

本当に…もう会えないのかな。

あの日の出来事は…
「好き」って言われたのは
夢だったのかな…

だって登坂さんからは
何も言ってこない…
「付き合おう」とも何も…


私がしょんぼり歩いてると
後ろから誰かに手を掴まれた。


❀)きゃっっ
臣)シッ
❀)えっ…
臣)こっち…
❀)わっ//


バタン。

ガチャン。


❀)え…//


ここは研修室。
登坂さんがドアに鍵をかけた。


❀)あの…っ

臣)今から休憩でしょ?
❀)そうです…けど…

臣)じゃあ俺とイイことしよーよ♡
❀)え??

臣)退院祝い…ちょうだい?
❀)え……っ、…あっ//


退院祝い…
そういって登坂さんは私の首筋にキスをして
そのまま身体を触ってきた。


❀)え、ちょっ、登坂さん//

臣)なーにー
❀)あの…っ、や…ん//

臣)やっぱ…イイ声♡
❀)え…?

臣)もっと…シよ?
❀)えっ//……あっ、やんっ//


登坂さんが
スカートに手を入れて
太ももを撫でてきた。


❀)やぁ…ん、登坂さ…んっ////

15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ