海の家 〜10年越しの恋〜
海の家 〜10年越しの恋〜
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/11
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
海の家 〜10年越しの恋〜 第1章 【臣】前半
◇)ごめんね…?
臣)…落ち着いた?
◇)うん……


身体をそっと離すと
あいつらのせいで少しはだけている胸元。

下着が…谷間が…
見えてる…///

バサッ…


◇)え…?これ…
臣)着ろ。
◇)え??
臣)……///
◇)どう…して…


どうしてって…
見えてんだよ!//


◇)あっ///


◇はやっと気付いたようで
慌てて俺のシャツを羽織った。

くそ……
ほんとは…今すぐ脱がしたい。

やっと会えたんだ。
ずっとずっと好きで…
抱きしめただけじゃ全然足りない。


臣)そういえばお前…
  なんで泣いてたの?
◇)えっ……
臣)さっきも…
◇)…
臣)泣いて…たんだろ…?
◇)どうして……
臣)……


俺が黙ったまま見つめると
◇の目は涙でいっぱいになった。


◇)だ…って…
  臣君…、あたしのこと覚えて…ないでしょ?


は!!??
何言ってんだよ。
覚えてねぇわけねぇだろ!!


ずっと…好きだったんだぞ!!!


◇)あたし…っ、ぐすっ…
  ずっとずっと忘れられなくて…
  ずっと臣君のことが好きで…っ
臣)……っ


ずっと…
同じ気持ちだった…?


◇)会えてすごく嬉しかったのに…
  臣君覚えてな…くて…っ
  あたし…、◇だよ…?
  うううっ……わぁぁんっ


◇が泣き出して…
俺はその口をキスで塞いだ。


◇)ふっっぅぅっ…んんんっ
  んっ、んんっ、んぅっ///


バカだな…
俺がどんだけこの日を待ってたか…
どんだけお前に会いたくて
どんだけ好きだったか
全然わかってない。


俺は…
想いをぶつけるように夢中でキスをする。

会えなかった分の◇も
全部全部味わうように…


唇を舐めて無理矢理開かせ
口内へ入り込み

柔らかいその中を何度も何度も
舌で味わっていく…


◇)んんっ…、ん、ふ…っ///
臣)ちゃんと舌出して。
  逃げんな。


そう言い後頭部をつかみながら
再びキスをする。

今度は戸惑っている舌を
捉えて離さない。


◇)んっ、ふ…ぅ…、ん、んんっ///


ヤバい…
もう止まんねぇ…

好きだ。

好きだ。


夢中でキスを続けると
◇はフラフラし始めて
後ろの岩に腰をおとした。


俺は
◇が羽織っている俺のシャツを脱がせて
◇と岩の間に挟んでやる。


臣)痛くない?
◇)え…っ…


そしてそのまま…
はだけていた服を開き
胸にキスをする。


◇)え…っ、なに?…いやっっ…///
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ