海の家 〜10年越しの恋〜
海の家 〜10年越しの恋〜
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/11
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
海の家 〜10年越しの恋〜 第1章 【臣】前半
店)おう!登坂ももうあがっていいぞー
臣)はい!あざっす!
  お疲れっした!!
  …あれ?
店)どうした?
臣)◇…さんは??
店)ああ、今日入った子かい?
  ついさっきあがったよ?
臣)どこ…行ったんだよ…
女)あ、◇ちゃんなら一人で
  あっちに歩いて行ったよーー
臣)あ、ほんとですか?
女)なんかね、ちょっと泣いてたっぽい。
臣)え!!な…んで…
女)わかんないけど…
臣)ありがとうございます!!


俺はすぐに追いかけた。


◇…
ずっと会いたかった。

小学校の頃からずっと好きで
離れて会えなくなって
それでもずっと好きだった。

今日俺の目の前に現れた時は
一瞬夢かと思って
信じられなかった。

だって…
まさかこんなところで会えるなんて思ってないし…
あいつ…すげぇキレイになってたし…
びっくりしたのと緊張とで…
思わず目を逸らしちゃったけど…

でも…
ちゃんと話したい。


「あの約束…覚えてる?」

俺のことなんか…もう忘れて
好きな男とかいるんだろうか…



◇……
どこ行ったんだよ…っ


臣)は…ぁ…、は…ぁ…
  あっ…!!


いた!!


えっ…!!!!
男3人に絡まれてる?!!


俺は全速力で走った。


臣)おいっっ!!!!


近付くに連れて状況がハッキリした。


臣)◇…ッ!!!!
◇)臣君…っっ!!


こいつら…
◇のこと襲ってやがった。


臣)てめぇらぶっ殺されてぇのか!!!
男)やっべ…行こうぜ。
臣)ふざけんなッ!!!!
男)ほら、早く!!
男)行くぞ!!


俺がぶん殴ろうとすると
男共は慌てて逃げて行った。


臣)は…ぁ…、はぁ…
  ◇…、大丈夫か!?
◇)ううう…っ…


怖かったよな…震えて泣いてる…
俺はすぐにその身体を抱きしめた。

無事…だよな?
未遂だよな…?

良かった…
死ぬほど焦った…


臣)大丈夫。もう大丈夫だから。
◇)ひっく…、ひっく…


震える肩をさすって
頭を撫でる。

しばらく抱きしめていると
◇はやっと泣き止んだ。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ