海の家 〜10年越しの恋〜
海の家 〜10年越しの恋〜
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/11
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
海の家 〜10年越しの恋〜 第5章 【岩】前半

私には忘れられない人がいる。
小学校の時に両想いだった”剛典くん”。


大好きで大好きで…
大きくなったら結婚しようねって約束してた。

離れたくなかったのに…
ずっと一緒にいたかったのに…
私の両親の転勤で離ればなれになってしまって
それっきりだった…


連絡先もわからない…
今、どこにいるのかも…

会いたい。

会いたいよ、剛典くん…。


高校を卒業したら
東京の大学に行きたい。

東京に戻ったら…
もしかしたらまた剛典くんに会えるかもしれない。

私はそんな僅かな可能性を信じて
受験勉強を頑張ってた。



すると夏休みに
友達から連絡がきて…
3日間だけ、海の家でバイトしないかって。

元々お盆には東京に行く予定だったから
私はその誘いを受けて
東京の海の家で働くことにした。


東京だから…
剛典くんに会えるかも…なんて…
東京にどれだけの人がいるか
そんなことはわかってるのに
期待してしまう自分が情けない。


それでも会いたかった…
どこかですれ違うだけでもいい…

そしたら絶対に連絡先を聞いて…
自分の気持ちをもう一度伝えたい。
まだ好きだって…
大好きだって…


そして…確かめたい…
「あの約束…覚えてる?」
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ