海の家 〜10年越しの恋〜
海の家 〜10年越しの恋〜
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/11/11
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
海の家 〜10年越しの恋〜 第1章 【臣】前半
ーバイト初日ー


友)あたしの友達で、今日から3日間手伝ってくれる
  ◇です。
◇)◇といいます。
  皆さん、よろしくお願いします!!
女)はーい!よろしくねー!
男)◇ちゃんね!よろしく!!


わ…良かった…♡
みんなすごくいい人そう…♡


それから料理を運んだりテーブルを片付けたりしてると
バイトの人がもう一人来た。


臣)店長すみません!!
  おはようございます!!
店)おお、電車止まったんだろ?
  大丈夫だったか?
臣)はい!遅くなってすみませんでした!!
店)ああ、大丈夫だよ。
  今日から入った新しい子がね
  頑張ってくれてるから。
臣)え…っ


彼の顔を見てすぐにわかった。
臣君だって…


嘘…でしょ…

こんなところで会えるなんて…


ずっと待ってた奇跡が今まさに目の前で起きて
あたしは思わず泣きそうだった。


臣)……っ
◇)あの…あたし……


あたしのこと…覚えてるかな?


◇)あの…っ
臣)今週いっぱい手伝ってる登坂です。
  よろしく。
◇)……よろしく…お願いします。

客)店員さん、すいませーん!
臣)はーい!!


え…
それ…だけ…??


登坂ですって…
そんなの知ってるよ…
忘れた事なんて一日もなかったんだから…


一目見て…すぐに臣君ってわかったんだから…


でも…臣君は…
あたしのこと覚えてなかった…
全然、覚えてなかった…


どうしよう…泣きそう…


店)◇ちゃん!!これ運んでー!!
◇)はいっ!!


いけない…今は仕事中だった…
ちゃんと働かなきゃ…


もう一旦…臣君のことは忘れよう。
考えない。
割り切らなくちゃ。


って思ってたのに…
臣君が水着のお姉さんたちと
楽しそうに話してるところとか見ると…
やっぱり胸がズキズキして…


苦しいよ…
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ