強引なオオカミ
強引なオオカミ
完結
お礼1
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/10/12
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
強引なオオカミ 第7章 【臣】前半
臣)こっちだ!!早く!!
❀)ま、待って!!…はぁっ


「ええ〜!!どこ行ったの?臣くん!!」
「わかんない!こっちだと思うけど!!」
「あの女何なの?!彼女なわけ?ムカつくー!!」


臣)はぁっ…はぁ…っ
❀)はぁはぁはぁっ


臣くんに手をひかれて
ずっと走ってる。


今日は久々のデートだったのに
ファンの人に見つかっちゃって
慌てて二人で走って逃げた。

でも…どんどん気付かれちゃって…


臣)ここまで来りゃもう大丈夫だろ…
  はぁ…っ、はぁ…っ
❀)はぁ…はぁ…っ
臣)走らせて…っ、ごめんな?
❀)ううん…っ、はぁ…はぁ…


もう誰も来なそうな
人気のない路地裏に入った。


❀)は…ぁ…はぁ……
臣)ほんと…ごめんな?
  怖かった?


臣くんが優しく頭を撫でてくれた。

本当は…少し怖かった。

見つかって…いきなり追いかけられて…

あたしなんてただの一般人だから
一緒にいたらあんな風に言われちゃうんだって…


あたしは思わず臣くんに抱きついた。


臣)大丈夫…?
❀)……っ


泣きそうなのがバレないように
小さく頷いた。


臣)ほんとに…大丈夫?
❀)うん。大丈夫だよ…


もっと強くならなきゃ…
臣くんの彼女なんて務まらないもん…

でも…
そんなあたしの強がりもお見通しだったのか
臣くんに無理矢理顔を上げられた。


臣)お前…顔真っ赤…
❀)走った…から…
臣)泣かせてごめん…
❀)泣いてないよ!!
臣)…。
❀)…。
臣)もう一つごめん…
❀)…え?
臣)お前泣いてんのに…
  なんか俺我慢出来ないかも…
❀)え??
臣)そんな顔火照らせて
  涙目で抱きつかれたら…
❀)え…っ
臣)…いい?


そう言うと
いきなりあたしの髪をサイドに寄せて
耳元や首筋にキスをしてくる臣くん。


❀)ちょ、ちょっと!///
  ここ…外だよ?!
臣)だから?
❀)え…だからって…
  え、え、ちょっと!//
臣)ムカつくのはこっちだっつーの。
❀)え??
臣)久々の二人の時間だったのに。
❀)えっ…あっ…//
臣)俺がどんだけお前のこと好きか
  見せてやりてぇ。
❀)あぁっ…やっ…///


臣くんの手があっという間に
下着をはずして胸を包んでくる。


臣)俺の女だ、文句あっかって
  言ってやりてぇ…
❀)……っ//
  あ、あ…、待って…///
  やぁんっ///


胸を包みながら
指先で優しく先端を転がす。


❀)あっ、あっ…ぁ//
臣)ずっと会いたかった。

❀)ふ…ぅんっ…///
臣)ずっと…抱きたかった。

❀)ふぁ…っ、やぁ…っ…ん//
臣)お前のこの声、聞きたかった。

❀)あぁ…っん//

14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ