目覚める本能
目覚める本能
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/09/21
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
目覚める本能 第2章 【臣】女の喘ぎ声
学校とかマジでかったりぃ。
俺は今日も昼まで寝て
午後から学校に来た。

今行っても中途半端に授業中だよな〜〜
めんどくせぇし裏庭で寝てっかな〜〜


そんなことを考えながら
廊下を歩いてると

トイレから女の声がした。


え…?


「あ…んっ…あぁっ……///」


喘ぎ声?!

まさか誰かトイレでヤッてんのか?!

おもしれぇじゃんw


俺はそっとそのドアを開けた。

「あぁ…ん……きも…ちぃ…///」

間違いない。最中だ。


でも…
どの個室もドアが閉まってない。


どこだ?
開けっぱでヤるとか
勇気ありすぎだろw


俺は静かに一つ一つのぞいていく。

すると
一番奥の個室から女のスカートが見えた。

いたいた…w

ごちそーさんでーすw


そのままバレないように
のぞこうとして…
俺は驚いた。


え…

違う。

一人だ。

こいつ…一人でヤッてる…。


ガタン。


「キャッ…」
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ