AV鑑賞とエッチなオモチャ
AV鑑賞とエッチなオモチャ
完結
お礼2
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/10/12
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
AV鑑賞とエッチなオモチャ 第3章 【岩】初めてのオモチャ
岩)今日から俺5日間いないから…
◇)うん…
岩)そんな寂しそうにしないの♡
◇)だって…
岩)帰ってきたら
  またいっぱいしてあげるから…
◇)え…っ///
岩)でも…やっぱり俺がいない間
  寂しいと思うからさ…
  はい、これ…。
◇)え???
岩)使ってもいいけど…
  ほどほどにね?w
◇)え、え…


4日前そう言って
岩ちゃんから渡されたこのオモチャ。


一人でシたことなんてないし…
オモチャなんて使ったことがなかった。

なんで岩ちゃん…こんなの渡してきたんだろう///


世の女のコたちって…
みんな自分でシたりしてるのかな…?

私は…そんなの恥ずかしくて出来ないよ//


だって…岩ちゃんがいいんだもん。
岩ちゃんだから抱いてほしいんだもん…。


私は寂しさを紛らわすようにお風呂に入って
そのままベッドに入った。

いつも二人で寝てるベッド。
岩ちゃんの…匂いがする…。


岩ちゃんのキス…
岩ちゃんの指…
岩ちゃんの身体…

一つ一つ思い出すと…
なんだか胸がドキドキしてきた。


岩ちゃ…ん…///


岩ちゃんの体温がたまらなく恋しくなって
身体がムラムラしてくる…


すごく…Hがしたい…


何これ…///

岩ちゃん…触ってほしいよぉ…


私は自分で自分の身体に愛撫を始めた。


◇)あ…っ///


岩ちゃんが触ってくれてるって
そう思い込みながら…


◇)あっ、岩ちゃ…ん…///


どんどん欲情してしまい
私は一度しまったオモチャを
引き出しから出してきた。


だって…
岩ちゃんが渡してくれたし…
使ってごらんってことだよね?///


私は一生懸命自分に言い訳するように
オモチャを手に取り

下着を脱いだ。


ドクン…ドクン…


少し濡れている自分のナカへ
それを入れてみる…。


岩ちゃんだと必死に思い込んで
出し入れを繰り返してみる。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ