真夏の汗
真夏の汗
完結
お礼1
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/09/21
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
真夏の汗 第1章 【臣】前半
夏の暑い日。
出かけるにもお金がないから
私たちはコンビニでアイスを買ってきた。


◇)溶けちゃう溶けちゃうw
臣)急げ〜〜w
◇)きゃはははw


走って帰ってきて
二人でアイスを食べた。


◇)美味しい〜〜♡
臣)生き返んな〜〜♪
◇)ね!!
臣)つーかクーラーいつ直んだよ…
◇)ほんと…死にそう…
臣)何もしなくても汗出てくるし…
◇)ね…汗止まんない…


本当に暑くて…
アイスを食べながら臣をチラッと見ると
顔にも首元にも汗をかいていて…
なんかすごくセクシーだった///


臣)なーに見てんの。
◇)別に…///
臣)ふーん…
◇)…アイス食べたら…何するー?
臣)何したい?
◇)何でもいいよ〜♪
臣)ほんと?
◇)うん♡
臣)じゃあSEX。
◇)な、何それ〜〜〜///
臣)何でもいいっつったじゃん。
◇)言った…けど…///
臣)別に食べ終わってなくても
  いんだけどさ…
◇)…え??


臣がアイスを咥えたまま
私の服を勢いよく脱がしてきた。


◇)ちょっと!!///
臣)エロ…w
◇)何すん……やっ///

ぽたぽた…っ

◇)つめた…っ///
臣)こんな暑くて汗だくなんだから
  きもちぃだろ?w


臣が唇を舐めてニヤッと笑った。

そしてそのまま
私の胸に落としたアイスを舐めてきた。


◇)ふぅ…っん///…やぁっ///
臣)あーまw
◇)エッチ!!///
臣)下も脱げよ。
◇)えっ、えっ、やだぁっ///


力で敵うはずもなく…
あっさり下も脱がされてしまう…


◇)見ないでよぉっ///
臣)なんで。ニヤニヤ。
◇)明るいから恥ずかしいっ//
臣)よく見えていいじゃんw
  お前のエロいとこ。
◇)やっ…///
臣)ほら…

ぽたぽた…っ

◇)あっ…つめた…っ///
臣)あーあ、こぼしちゃったw
◇)〜〜〜///
臣)舐めてほしい?w
◇)…もうっ///
臣)舐めて欲しかったら
  自分で脚開けよ。


そう言って意地悪く笑う臣。


私がためらいながら脚を少しだけ開くと

臣)全然足んねぇ。

ぐいっとさらに開かれた。


◇)やだぁっ///


くちゅう…っ、ちゅう、れろっ…


◇)ふぁぁぁんっ////
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ