純愛がゆえの狂気
純愛がゆえの狂気
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/09/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
純愛がゆえの狂気 第10章 終わりを告げる時
隆二が横に戻ってきて
愛おしそうに私を抱きしめる。


隆)気持ちよかった?
◇)うん……///
  死んじゃ…う…///
隆)あ〜〜もう…//


ぎゅっと抱きしめられる。


隆)愛してるよ。
◇)もっと…
隆)え…?
◇)もっと…言って…?
隆)愛してる。
◇)もっ…と……
隆)愛してる。
  愛してるよ、◇。
◇)……っ


その言葉に…
溢れてくる愛しさに涙が出そうになる。

私は起き上がり
愛しい隆二のソレに手を添える。


隆)え…っ…
◇)食べても…いーい?//
隆)…いい…よ…?//
◇)りゅう…じ……
隆)なに…?
◇)もう…濡れてるよ…//
隆)……//


先端がいやらしく濡れている…


◇)舐めて…ほしい?
隆)うん…//


ぴちゃっ……


たっぷり唾液を絡ませ
先端を少しだけ舐め上げると


隆)んっ……//


それだけで隆二がぴくんと反応した。

優しく手で包み
ゆっくりと舌を這わせていく…。


隆)く…っ…、は…ぁ…//


隆二の息遣いに興奮する…
私に…感じてくれてる…
隆二の顔が見たい…。


隆)な…に……//
◇)顔見たい…//
隆)見ん…な…っ//
◇)やだっ//
隆)…くっ……あぁっ//


快感に顔を歪ませる隆二…
その色気に私はまたおかしくなりそうで…

夢中で隆二のものをしゃぶり
頭を上下させる。



ガチャッ…


◇)えっ!!


ドアが開く音がして
振り返ると…そこには旦那が立っていた。


夫)……。
◇)どうし…て……
21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ