純愛がゆえの狂気
純愛がゆえの狂気
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/09/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
純愛がゆえの狂気 第1章 出会い
隆)俺…優しくなんかないです…。
◇)え?
隆)だって…
◇)…。
隆)この手を離したくない。
◇)えっ…
隆)…。
◇)…。


隆二くんの…
熱いまなざしから目を逸らせない。


隆)なんでかわからないんですけど…
  俺も…
◇)…。
隆)ほんと…なんなんだろう…これ…
◇)…。
隆)ほっとけないんです…
  ◇さんのこと…
◇)え……


ほっとけないって…
こんな私のこと…どうして…?
さっき会ったばかりなのに…

私が…
浮気されてるって嘘ついたから?


◇)旦那に浮気されてるなんて…
  嘘よ?w
隆)え??
◇)いや、してるのかもしれないけど…w
  あれは冗談。
隆)え…。
◇)だから…ごめんね?
  忘れて?
隆)じゃあ…どうして…


どうして泣いたんだと
聞きたそうな顔をしてる…。


◇)わからない。
  わからないけど…


隆二くんに触れられて
涙が出た。

自分でもわからない。


◇)私…そろそろ帰ります。
  ありがとう。


私が財布を出そうとすると
隆二くんがそれを制した。


隆)いいです。ここは俺が。
◇)…。
隆)付き合ってもらったんで…
◇)そう?
  じゃあお言葉に甘えて…
  ありがとう♡


彼にそうお礼を言って
私は店を出た。


なんだか…
身体が少し熱い…

お酒のせいかな…



エレベーターに乗って
扉を閉めようとした瞬間だった。


隆)待って!!!


彼が強引に扉を開けて
エレベーターに乗ってきた。


◇)どうし…て…
隆)…っ
◇)んんっ!!んん…////


壁に押しやられ唇を塞がれた。

すごく強引なのに
キスはすごく優しくて
その柔らかさに思わず目を閉じてしまう…


◇)ん…、んん…っ///
隆)は…ぁ…
◇)…はぁ…///
隆)ごめん、いきなり。
◇)……///


私を見つめるその瞳が
熱を帯びていて
身体も心も熱くさせられるようだった。


隆)やっぱり…
  このままにしたくなくて…
◇)…え?
隆)自分でもわからない。
  でも…
◇)…。
隆)あなたが欲しいって
  体が言ってる。
◇)え…っ
隆)…。
◇)……///


胸のドキドキが止まらない。


隆)嫌じゃないなら…
  ついてきて?


そう言ってスマートに腰を抱き寄せられ
私たちはホテルに入った。


部屋に入るなり
激しいキスの嵐。


我慢していたと言わんばかりに
後頭部を抑えつけられ
舌を絡め取られる…。


◇)んん〜〜っ////
隆)ごめん…苦しかった?
◇)……///


何も言わず…
彼の胸に頭をあずけた。


ぎゅっ…


その大きな胸に甘えて
彼の身体を抱きしめると

もっと強く抱き返された。


隆)ごめん…止まらない…
  抱いて…いい?
◇)……///


私を欲しそうに見つめる
彼の熱い瞳。

こんな目で見つめられるのは
いつぶりだろう…


隆)ごめん。わかってる。
  いいよ…何も言わなくて。


私が返事をせずにいると
彼はそう言って
私の頭を撫でた。


隆)俺が悪いんだ。
  それでいい。


そう言って私を抱き上げ
ベッドへ運んだ。


私が結婚してるから…
こんな指輪をつけてるから…
だから…


隆)俺が…勝手に求めてるだけ。
  ◇は何も悪くない。
  

そう言って優しく頬に触れる彼。


名前…呼び捨てにされた…
◇って…//


私が結婚してるからって…
自分一人だけが
悪者になろうとしてる…

そんな彼の優しさに…
また涙が溢れる。


隆)どうして…


切なそうに私を見つめる彼。


◇)ごめ…んね…
隆)もう…忘れて…


今度は優しくキスを落とす彼。


隆)今だけ…何もかも忘れてよ…
◇)あっ……//


彼の手がスルリとブラウスの中へ入ってくる。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ