純愛がゆえの狂気
純愛がゆえの狂気
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/09/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
純愛がゆえの狂気 第7章 旦那の異変
バタン。


◇)あ…お帰り…
夫)ただいま。
◇)お風呂…あるよ?
夫)うん。入ってくる。


今日も…したがるのかな…
やだな…


隆二に…
隆二に会いたい……。


私がベッドに入って
先に寝ているフリをしていると
お風呂から上がった旦那が
すぐにもぐりこんできた。


夫)なぁ…いい?
◇)……。
夫)……。


いいって…言ってないのに…
もうパジャマに手を入れてくる。


◇)やだっ…
夫)お願い…。
◇)やっ…、あっ…
夫)ああ…ヤバイ…
  もう俺のこんなん。


大きくなったものを触らされる。


夫)止まんない…
◇)や、…ど…うして?
夫)え?
◇)どうして…最近…
  そんなに欲しがるの?
夫)…。
◇)…。


夫)なんか…お前見てると…
  興奮して…//
◇)え…??
夫)欲しくなって…仕方ないんだ。
◇)あっ…やだ…、んんっ…//
夫)もっと…甘い声…聞かせて…
◇)やぁっ……//
夫)もっと…もっと…出せるだろ…?
◇)やめっっ……//


旦那は最近いつもこう。

もっともっとって…

もっと感じるだろ?とか…
もっと声出せるだろ?とか…

エロいことばっかり言ってくる。


私に興奮してるのは
すごくよくわかるけど…

なんで…?


私は隆二じゃないと嫌……。
14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ