背徳の涙
背徳の涙
完結
お礼4
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/09/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
背徳の涙 第2章 高まる想い
リビングにおりると
ママがもう出かける用意をしていた。


マ)じゃあ行ってくるわね!
  火曜日には戻るから。
◇)あ…出張だっけ?
マ)そう。家のことよろしくね!
◇)はーい。行ってらっしゃい。


そっか…ママまたいないんだ…。

じゃあ…
今日と明日はお兄ちゃんと二人っきり…。


朝ご飯を食べ終わると
お兄ちゃんは出かけちゃった。

何時に帰ってくるのかな。


私も買物に出かけて
18時過ぎに帰って来ると
台所からいい匂いがした。


ガチャ。

臣)お、お帰り。
◇)ただいまぁ…
  え、お兄ちゃんご飯作ってくれてるの?
臣)うん。食うしょ?
◇)食べるー!!♡♡
臣)はははw
  手洗ってこいw
◇)はーい!!


私は手を洗ってきて
すぐにキッチンに行って
後ろからお兄ちゃんに抱きついた。


◇)お兄ちゃんありがとう♡♡
臣)優しい兄ちゃんで
  良かったなー?w
◇)うんっ♡♡
  お兄ちゃんのご飯美味しいから
  大好き♡♡
臣)はははw


あ…っ


お兄ちゃんから香水の匂いがした。
お兄ちゃんのじゃない。
この間の女の人のでもない。


◇)お兄ちゃん、今日何してたの?
臣)遊んでた。
◇)誰…と?
臣)んーー、友達?
◇)…ふーん。


絶対女の人だ。

また…Hしたのかな…。

胸が…ぎゅって締め付けられた。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ