背徳の涙
背徳の涙
完結
お礼4
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/09/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
背徳の涙 第1章 大好きなお兄ちゃん


臣)よっし、じゃあ晩飯作るー?
◇)えっ…
臣)なんだよ。
◇)私作るよっ
臣)一緒に作ろーよ。
◇)…うん!!
  わーーい♡♡


私は嬉しくてお兄ちゃんに抱きついた。

二人でいられる時間が幸せ。
お兄ちゃんを一人占めできる
この時間だけが…


一緒にご飯を作って
二人で食べて
その後はずーっとお兄ちゃんにくっついて
映画を見てた。


臣)おい。
◇)んー…
臣)お前もう眠いんだろ?
◇)んっ…
臣)もう寝ろ。
◇)やぁだぁ…

ぎゅーーー

臣)ほら、部屋行けって。
◇)やだぁっ
臣)わーがまま。
◇)じゃあ抱っこしてぇ。
臣)はぁ?
◇)抱っこして連れてって♡♡
臣)ったく…


ガチャッ

マ)ただいまーー
臣)お、お帰りー
  おつかれさん。
マ)あら。まーた◇はお兄ちゃんに甘えて。
◇)お帰りなさい。
臣)ほんとこいつどうにかしてw
マ)広臣が甘やかすからよー?w
臣)まぁ…可愛いし。
マ)兄バカw
◇)あ、ママ、ご飯用意するね?
マ)あ、ありがとう♡♡


私はキッチンでご飯の用意をしながら
お兄ちゃんの言葉が嬉しくて仕方なかった。

「可愛いし」って…言ってくれた///
いつも可愛がってくれてるのは
わかってるけど…でもやっぱり嬉しい。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ