背徳の涙
背徳の涙
完結
お礼4
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/09/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
背徳の涙 第1章 大好きなお兄ちゃん
隣の部屋に
お兄ちゃんと知らない女の人が
一緒にいると思うと
耐えられなくて
私はリビングにおりた。


一人で映画を見てると
二人もおりてきた。


女)わぁ、妹さん?
◇)…。
臣)そ。
女)可愛い〜〜♡
  初めまして♡


キツい香水の匂いが鼻につく。


臣)お前何飲んでんのー?
◇)オレンジジュース。
臣)俺も飲も。


お兄ちゃんと女の人が
ソファに座ってきた。

なんで…おりてきたの…。

この人が…
さっきまでお兄ちゃんに抱かれてた人。

そう考えるだけで
耐えられなかった。


臣)お前まーたジブリ見てたの?w
◇)…。
女)私もジブリ好きー♡
  面白いよね?w


明らかに子供扱いされてるカンジが
ひしひしと伝わる。


◇)お兄ちゃん、抱っこ。
臣)はぁ!?
◇)抱っこして。
臣)お前何言ってんの??
女)あははw
  お兄ちゃんのこと大好きなんだ♡


私は無理矢理お兄ちゃんの
膝の間に座った。


臣)しょうがねぇ奴w


お兄ちゃんが後ろから
ぎゅってしてくれた。


女)とか言ってまんざらでも
  なさそうだしw
臣)こいつ隙あらば甘えてくんだもん。
  な?
◇)……。
臣)おい、何シカトしてんだよw


私はお兄ちゃんにぎゅっと抱きついた。


臣)おいおいw
女)仲良すぎ…w
  ちょっと異常なくらいw
臣)ほらー
  ブラコンだって言われてんぞ?
◇)……っ


私は無視して
お兄ちゃんにしがみついた。


女)広臣もシスコンなんじゃないの?w
臣)そうかもねーw
  相当甘やかしてっし。
女)やっぱりw
  そんなんじゃ妹さんに
  彼氏できないわよー?w
臣)ははははw


彼氏なんていらない。
好きなのはお兄ちゃんだけだもん。


女)じゃ…私そろそろ帰るわね?
臣)おう。


お兄ちゃんが私をおろして
玄関まで見送りに行った。

私がリビングからのぞいてると
お兄ちゃんが女の人にキスをした。


女)んっ…//
臣)エロい声出すなよw
女)じゃあエロいキスしないでよw
臣)いいじゃん。もうちょっと。
女)んっ…んん///


お兄ちゃんが女の人の腰を抱いて
長いキスをしてる。


女)は…ぁ…//
臣)ヤーバw
  またしたくなってきたw
女)ばかっ//
臣)ここで…する?w
女)ちょ…、ここ玄関よ?
臣)いいじゃんw


やだ!!!

やめて!!やだっ!!!


ガシャン!!!



私は思わずグラスを床に落とした。


女)きゃっ…
臣)??
女)妹さんじゃない?大丈夫?
臣)なんか割ったのかな。
女)じゃあ私もう帰るから。
  続きはまた今度ね?
臣)はーいはいw

バタン。


泣きそうなのを我慢して
グラスの破片を拾おうとすると
後ろからお兄ちゃんに抱きかかえられた。


臣)なーにやってんのお前は。
◇)ごめ…んなさい。
臣)危ないからどいてろ。
◇)……。


お兄ちゃんはグラスの破片を
全部片付けてくれた。


臣)おっちょこちょいw


そう言って優しく頭を撫でる。


◇)今の人…彼女?
臣)いやー?
◇)彼女じゃないの?
臣)うん。
◇)好きな人…?
臣)別に好きでもないけど。
◇)…っ
臣)なにその顔w
◇)お兄ちゃんチャラいっ!!
臣)すいませんね〜〜w
  お前はこんな男に
  引っかかんなよー?w


そう言ってまた頭を撫でてくる。

子供扱いしないで…っ


お兄ちゃんは好きじゃなくても
色んな女の人を抱く。
根っからの遊び人。

好きじゃなくても…
誰でもいいなら…
私を抱いてよ…って、そう言いたい。


こんな気持ちおかしいのかなって
私だって他の男の子と付き合ったこともある。
Hしたらお兄ちゃんのこと忘れられるかなって
色んな男の子とHもした。

でも…ダメで…


そのうち相手をお兄ちゃんだと思い込んで
目を瞑ってHするようになった。

でも…そんなのやっぱり違って…

お兄ちゃんがいい。
お兄ちゃんじゃなきゃ嫌なの。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ