背徳の涙
背徳の涙
完結
お礼4
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/09/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼1
背徳の涙 第1章 大好きなお兄ちゃん
私の好きな人はお兄ちゃん。
小さい頃からずっとずっと大好きで
お兄ちゃんしか見てなかった。

本当にお兄ちゃんっ子だねって
よく言われるけど…
そんなんじゃない。

私は本気でお兄ちゃんに恋してるの。


マ)よーし、朝ご飯できた!
  ◇、お兄ちゃん起こしてきて〜
◇)はーい!!


コンコン。


◇)お兄ちゃん?入るよー?
臣)Zzz…
◇)まだ寝てる。
  お兄ちゃん、起きて〜〜


綺麗な寝顔だなぁ…
キス…したくなっちゃう…


◇)お兄ちゃん、起きてっ!!


ばふっっ!!


臣)んあ〜〜〜〜
  重い重いw
◇)だってお兄ちゃん
  全然起きないんだもんっ
臣)ねみぃ…
◇)えーい♡


私はベッドにもぐりこんで
思いきりお兄ちゃんに抱きついた。


臣)出ーた、甘えっこ。
◇)えへへ♡
  ぎゅーーー♡♡
臣)くすぐってぇってw
◇)もっとぎゅってしてぇ♡
臣)はーいはいw
  ぎゅーーーww
◇)きゃはは♡
臣)よっし、起きっかな〜〜


お兄ちゃんが起きて顔を洗いに行くのを
後ろからついていく。


◇)お兄ちゃん…
臣)おわっ!!


後ろからぎゅってすると
お兄ちゃんがびっくりして
水をこぼした。


臣)なーんなのお前はw


優しく笑って
頭を撫でてくれる。

お兄ちゃんは小さい時から
ずっと私を可愛がってくれてる。
ワガママもきいてくれるし
いつも優しい。

でもそれはあくまでお兄ちゃんとして…


マ)あ、起きてきた起きてきた
  おはよ〜〜
臣)おはよーー
マ)今日私仕事で遅くなるから
  ◇、晩ご飯お願いしてもいい?
◇)わかったよーー



パパは単身赴任で月に一回しか帰ってこない。

ママも働いてるから
仕事が遅くなる時は
いつもお兄ちゃんと二人でご飯を食べてた。

1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ