三人で壊れる夜
三人で壊れる夜
完結
お礼3
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/09/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
  • お礼2
三人で壊れる夜 第1章 欲しくてたまらない熱い身体
臣くん…帰り遅いなぁ…
まだ飲んでるのかなぁ…


臣)たーだいまーー
◇)あ、お帰りなさーい!!


臣くんは岩ちゃんにもたれながら
帰ってきた。


岩)◇ちゃんひさしぶりーw
  臣さん飲み過ぎちゃった♪
◇)えっ…
臣)まだ飲むし。
◇)え?
臣)うちで飲み直し!
  3人で飲むぞ!
◇)うん…。


臣くん大丈夫かな??

それから3人で飲んでると
臣くんはソファーで寝ちゃった。


岩)臣さん寝ちゃったね。
◇)うん。
岩)俺…泊まってってもいーい?
◇)うん!全然いいよ!
岩)ありがとー♪
  …でも…
  ほーんと可愛いな〜◇ちゃん。
◇)え??
岩)こんな可愛い彼女がいて臣さん羨ましいw
◇)そんなことないよっ///


岩ちゃんがすっごく優しい顔で笑った。


岩)ほんと…可愛い♡


岩ちゃんが私の頭を撫でてきた。


◇)岩ちゃん…酔ってるの?//
岩)そりゃーこんだけ飲めばねw
◇)そっか…
岩)…。
◇)…。
岩)なんか変化ない?
◇)え??何が??
岩)いや…別に。
◇)???


私は臣くんに毛布をかけた。
ぐっすり寝てるなぁ…
今日は…臣くんとHしたいなぁなんて思ってたけど…
無理だよね///
最近…あんまりしてないなぁ…


岩)どうしたの?そんな顔して。
◇)え??
岩)…。
◇)そんな顔って??
岩)…。


え…っ
臣くんとHしたいなぁって思ってたの
バレちゃったのかな?///


◇)なんでもないよっ///
岩)ふーん。
◇)じゃあ私…ベッド行くね。
  おやすみなさい。
岩)おやすみ…。


岩ちゃんも臣くんの隣のソファに寝転がって
私は毛布を渡した。


一人で寝室に入って
ベッドに横になると…
なんか少し身体が熱かった。

なんだろう…

なんか…少しムズムズする…。

あ…

私は思わず自分で自分の胸に触れた。


◇)あっ…


え…何これ…//

なんか…すごく感じちゃった///

私…そんなにHしたかったのかな…
恥ずかしい///

でも…やっぱり…
身体が熱いよ…


臣くん…
抱いて…欲しいな…///

熱くなる身体が疼くようで
私は思わず下に手を伸ばした。

あっ…///

もう…下着が濡れてる…///

何これっ、やだっ///

どうしちゃったの?私…


ダメ…

リビングには
臣くんも岩ちゃんもいるのに…


ダメ…

そう思っても…

身体の奥の疼きが止められなくて…


くちゅっ…


◇)あっ////


思わず下着の中に手を入れてしまった。

あ…あ…どうしよう…
もう…止められないっ///


くちゅ、くちゅっ


◇)あ…っ//


気持ち…いい…///
どうしよう…

こんなのダメなのに…
指が止められないよぉ…///

くちゅくちゅっ、くちゅうっ


◇)…んっ///


声は…出しちゃダメ…///


◇)…っふぅ…///

岩)あーあ、やっぱりw
◇)えっ!!!


驚いて寝室のドアに目をやると
岩ちゃんが立ってた。

パタン。


ドアを閉めると
岩ちゃんが近付いてきた。


◇)やっ///
岩)なーにしてんの?w
◇)……っ///


どうしよう…
聞かれちゃったのかな…


岩)この布団の中…どうなってるの?w
◇)やっ!///
岩)まぁ…想像はつくけどw
◇)〜〜〜///
岩)いっつもこんなことしてるの?
◇)してないっ///
岩)じゃあやっぱり…w
◇)え…?
岩)ムラムラしちゃった?
◇)え…


どうして…わかるの?


岩)ね、一緒に気持ちイイことしない?
◇)え??…あっ


岩ちゃんはベッドにあがると
布団を勢い良くめくった。


◇)やぁっ///
岩)あ〜あw


岩ちゃんは私の手を下着から出すと
指先に絡み付いた蜜をいやらしく舐めとった。


◇)やっ…////
岩)一人でこーんな濡らしちゃったの?
◇)やめ…って///
岩)何考えてたの?
◇)え…っ


岩ちゃんが私の両手を束ねて頭上で縛った。


岩)臣さんのことでも考えてた?w
◇)や、やめてっ…岩ちゃん!
岩)だってここ、もうこんなだよ?
◇)やぁぁんっ///


トロトロに濡れた秘部を撫でられ
思わず声が出てしまった。


岩)ほんと可愛いなぁw
  もっと気持ち良くしてあげるから安心して♡
◇)や、やぁっ、岩ちゃん酔ってるの!?
岩)それもあるし…薬も…
◇)え??…あ、あ、やぁっ///


一気に脚を開かれ
岩ちゃんの温かい舌が
秘部の蜜を舐め上げた。


◇)ふぁぁぁんっ////


感じたことのないような快感が
身体を走った。

何これっ…


岩)声、我慢しないと臣さん起きちゃうよ?w
◇)や、や、だめっ…、岩ちゃんやめてっ!///
岩)やーだ♡
◇)やぁぁんっ!!//


臣くんにバレたらどうしよう…
臣くんが起きちゃうっ…!!

こんなことダメなのに…
そう思ってるのに…

信じられない快感が
私の身体から力を奪っていく…


◇)ふぁぁぁ…っ///
岩)かーわいw
  動けなくなっちゃった?w
◇)だって…

れろっ…ちゅうっ…

◇)あぁぁんっ////


何度も舐めたり吸われたりして…
秘部に甘い痺れを感じた。

私の身体…どうしちゃったの…?

気持ち良すぎて…動けない…


ダメって思ってるのに…
もっと…
もっとって…
欲しくなる衝動が抑えられなくなってく…


◇)やぁ…っ、も…だめ…ぇ////
  岩ちゃん…っ
岩)なぁに?w

◇)もっと…触ってぇ?//
岩)どこ?w

◇)ナカまで…っ//
岩)かーわいw
  たまんねぇw


岩ちゃんにおねだりしてしまった自分に
びっくりしてる暇もなく
岩ちゃんの指が奥まで入ってきた。


◇)ふぁぁぁんっっ///
岩)やば…可愛すぎ//

◇)あ、あ、あぁんっ//
岩)臣さん起きちゃうってw

◇)あ、あ、あっ…//


臣くんじゃないのに…
岩ちゃんなのに…

こんなに感じちゃう…
どうしよう…っ


岩)ああ…マジたまんねぇな。
  臣さん…
  いっつも◇ちゃんにこんなことしてんだ。
◇)あ、あ…っ…//

岩)ずり〜〜な〜〜
◇)あ、やっ、あぁ///

岩)俺も…◇ちゃんのこと好きにしていい?
◇)あ、あぁぁっ////

岩)俺にそんな感じてくれてんの?
  ほんと可愛すぎw
◇)や、んん…っ、あっ///

岩)イカせていい?
◇)えっ…、あっ!///


くちゅくちゅくちゅっっっ


◇)ふぁぁぁぁんんっ/////


びくびくびくっ!!


岩)やっべ…////
◇)はぁ…、はっ…ぁ///
岩)俺の…もうこんなん…///


岩ちゃんが私の手を自分のソレに当てた。


◇)やぁっ///

岩)◇ちゃんがこんなに可愛いからだよ?w
◇)やだぁ…///

岩)俺の指でこんな可愛くイッちゃってさw
◇)やめてぇ///

岩)臣さんが知ったらどうなるかな?
◇)やぁっ…///


臣くんにバレたくない…
こんなこと…絶対に…

そんな思いと
もっと快感が欲しいという衝動が

せめぎあって
頭がおかしくなりそうだった。


岩)ほら…w


岩ちゃんが自分のモノを取り出した。


岩)見て…
◇)や…っ///


すごい…おっきぃ…


岩)欲しくない…?
◇)あ…///


どうしよう…
身体が…ドクドクいってる…


岩)ほら…


岩ちゃんが私の入口に
熱いソレを押し当ててきた。

くちゅ…っ


◇)あっ…///


どうしよう…
もう…ダメ…っ


◇)挿れ…てぇ?


自分の口から出た言葉に驚いた。
でも…
止められない。


岩)もう一回おねだりして?w
◇)やぁっ…///
岩)ほらw
◇)やぁん…//おね…がい…
  岩ちゃんの…挿れてぇっ///


もうわけがわからなかった。

ただわかってるのは
快感が欲しくて欲しくてしょうがない…
身体の疼きをもう止められないということだけ…


ガチャッ。


岩)え?
◇)きゃっ////
臣)何してんの?
1
最初 前へ 123456 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ