昼間の図書館
昼間の図書館
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/09/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
昼間の図書館 第1章 火がついた彼
今日は健二郎くんと二人で
町の図書館に来てた。

私がもうすぐテストが近いからって…
本当はデートしたかったんだけど
今日は図書館でいいよって…//

健二郎くんはいっつも優しい
すっごく年上の彼氏。


健)図書館なんて初めてきたわ〜
◇)え、ほんとぉ?
健)うん。むっちゃぎょうさん本あんなぁ!
◇)図書館だもんw
  くすくすw
健)なーにわろとんねんw
◇)だって…w

バサッ

◇)あ…っ


私がぶつかって落としてしまった本を拾うと
健二郎くんが少し顔を赤くした。


◇)え…?
健)おま…それ…//
◇)??
健)その服アカンわ。
◇)え??
健)谷間…見える//
◇)えっ!//


私は慌てて自分の胸元を見た。

あ…っ
かがんだから…見えちゃったのかな?
恥ずかしい…//


◇)ごめんなさい//
健)んっ!


健二郎くんは恥ずかしそうにそっぽを向いた。

なんか…可愛い///

きゅっ


健)え?


私は健二郎くんの手を握った。


◇)好き…//
健)なんやねん急に//
◇)だって…//


そのまま二人で手を繋いで本棚を見てると
健二郎くんが奥の部屋に目をやった。


健)あっちは…なんなん?
◇)あっちはね、すごく古い本がたくさんあるの。
健)そうなん?
◇)うん。あんまり人いないんだよー。
  いつも電気消えてるし。
健)見たい。
◇)え?…いいけど…


普段は行かない奥の部屋に行くと
健二郎くんは珍しそうに周りを見渡した。


健)ほんまに古いんやなぁ!
◇)電気どこだろ…
  薄暗くてあんまり見えないね?
健)その方が…ええやん。
◇)え??

ガタン…

◇)きゃっ…


kiss、kiss、kiss…


◇)んんっ…健二郎くん??//
健)黙って…
◇)えっ…ちょっ…んんっ///


kiss、kiss、deep kiss…


◇)ふ…ぅん…///


キスがどんどん深くなって
私が立っていられなくなると
健二郎くんが太ももをグッと脚の間に入れてきた。


◇)やっ…///


そのまま太ももを
ぐいぐい秘部に押し当てられる…


◇)やめ…っ///
健)好きや…
◇)あっ…///


耳元で優しく囁かれた。


◇)だ…めだよっ、こんなところで…//
健)こんなところで…何?

◇)人が…来ちゃうっ//
健)声出さんかったらええやん。

◇)でも…っ//
健)それとも…

◇)…え?
健)声…我慢出来ひんの?

◇)…っ///
健)ふ…っw

◇)…あっ…//
健)可愛え…w


ちゅうっ…

耳元で囁いたあとそのまま首筋を吸われた。


健)ほら…つかまっとき?
◇)…ぁぁっ…//


首筋…鎖骨…胸元…
順にいやらしく舐められて
腰をそっと撫でられる…


ぱちん…

ブラのホックをはずすと
トップスごと少しだけずらされ
胸を揉まれる…


◇)…っ//
健)エロい顔しとる…w
◇)やっ//
健)もっと…
◇)え…?

れろれろっ…

◇)〜〜っ///


胸の先端を器用に舐められて
思わず声が出そうなのを必死で堪えた。


健)イイ顔…w
◇)いじ…わる…っ//
健)そんなん言うて…
  感じてんねやろ?
◇)え…っ
健)声…ほんまに我慢できる?
◇)あっ…


健二郎くんが
下着の上から割れ目をツツーッとなぞり
私の目を見て聞いてきた。


◇)……っ//

健)なぁ。
◇)なにっ…//

健)声…我慢出来るか?って
◇)…わかん…ないよ…//

健)ほんなら…ゆっくり挿れるから…
◇)うん…///


きっと…もう濡れてる…
自分でもわかる…///
健二郎くんに…早く触ってほしくて
じんじんしてる…


く…ちゅ…


◇)……っ//
健)ああ…すご…//


く…ちゅ、くちゅ…

健二郎くんの指はすごくゆっくりなのに
それでも…すごく気持ちイイ…///


健)顔…赤いで?w
◇)だって…//


もう…身体が火照って仕方なかった。


健)大丈夫そうやんな?
◇)え?
健)声。我慢出来そうやん。
◇)え…っ
健)ほんならもう少し…


くちゅくちゅくちゅっっ


◇)ふ…ぅぅん!!///
健)おっとw


健二郎くんが慌てて私の口を塞いだ。


健)危ない危ないw
◇)んっ…///
健)そんな気持ちいいん?w


コクコクと頷く。


健)もっと触って欲しいか?


必死に頷く。
もっと…気持ち良くなりたい…///


図書館なのに…
人がいるのに…

じんじんして秘部が疼くのを
我慢出来なかった。


健)ほら…w


健二郎くんの指が
ものすごい速さでナカを掻き回す。


◇)ふ…ぅぅぅぅんんっっ///
1
最初 前へ 1234 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ