外せない視線
外せない視線
完結
発行者:新菜
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2015/09/20
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
外せない視線 第1章 【直】前半
コンビニでジュースを買ってお店を出ると
店員さんが追いかけてきた。


男)すみません!待ってください!
◇)え??
男)あの…俺…
  いつも気になってて…
  好きなんです!!
◇)えっ!!
男)もし良かったら…
  付き合ってもらえませんか?
◇)えっ…////


わ、わ、どうしよう///


◇)あの…ごめんなさい。
男)え…?
◇)私…彼氏がいるんです。
男)あ…
◇)…。
男)そうなんですか…。
◇)はい…。
男)…。
◇)でも…気持ちはすごく嬉しいです。
  ありがとうございます//
男)…。
◇)それじゃあ…ごめんなさい。
  失礼します。


そのまま頭を下げて角を曲がると
直ちゃんにバッタリ会った。


◇)わっ!!
直)…。
◇)直ちゃん…どうしたの?
直)何が?
◇)ジュース買ったよ?
直)うん。
◇)??
直)迎えに来た。
◇)えっ///


家すぐそこなのに…


◇)私に早く会いたかったってことー?
直)はぁ?
◇)えへへ//
直)…。


私は嬉しくて直ちゃんの腕にくっついた。
直ちゃんは…
なんか不機嫌そうな顔してる…?


◇)直ちゃん…?
直)んー。
◇)好き//
直)知ってるし。
◇)えへへ//


それから直ちゃんの家に着いて
私が洗面所で手を洗ってると
直ちゃんが後ろからぎゅってしてきた。


◇)どうしたの?//
直)はー?別にー。
◇)……//


それからリビングに行くと
直ちゃんの好きな漫画の新刊が
テーブルに置いてあった。


◇)あ、これもう読んだのー?♪
直)まだ。
◇)あ、そうなんだ…。


じゃあ…
また漫画読んで相手にしてもらえないかも…。
寂しいな…。

そのまま私がキッチンで
飲み物を用意してると
直ちゃんが隣に来た。


◇)??
直)氷いる?
◇)ううん。
直)そ。


いつもならソファーで待ってるのに…
どうしたんだろ…

てゆーか直ちゃんが
漫画の新刊を前にして
読まないなんて!!
なにごと??

私が直ちゃんをじっと見つめると
後頭部をおさえて
おでこにチュッてされた。


◇)〜〜〜/////
直)なんか観るー?


しれっとソファーに戻る直ちゃん。

もう!何なのー?!///

ソファーに座った直ちゃんの前に座ると
後ろから抱き上げられて
ぎゅってされた。


◇)な、直ちゃん??///
直)んーー?
◇)今日…なんか変っ//
直)なにがー?
◇)何がって…//


いつも私が甘えても
全然相手にしてくれないのに…


◇)映画…観るんでしょ?
直)うん…。
◇)……//


直ちゃんが後ろからぎゅってしたまま
離してくれない//


直)お前さ…
◇)え?
直)俺以外の奴に…
  好きとか言われて嬉しいの?
◇)え???
直)…。


え!!!
もしかして…
さっきの…直ちゃん見てたの!??


◇)えっと…
直)嬉しいの?
◇)うん。
直)は?なんで?
◇)え…だって…
  好きになってもらったら嬉しくない?
直)……。


直ちゃんの腕の力が強まった。


◇)でも…好きなのは直ちゃんだけだよ?
直)……。


顔が見えないから
直ちゃんの腕をほどいて振り向くと
直ちゃんがすごく拗ねた顔をしてた。

何これ!!////

え、え、ヤキモチ?!!

どうしよう…可愛すぎてキュンとする////


◇)直ちゃん…
直)…。
◇)直ちゃ…
直)うるさい。

ぎゅっ。

◇)え…///
直)お前は黙って
  俺だけ見てろよっ
◇)……///


どうしよう…っ
こんな直ちゃん初めてかも…
キュンキュンが止まらないよぉ///


◇)直ちゃんだけ見てるよ?
直)…。
◇)chu///
直)……//
◇)えへへ///


直ちゃんがなんだか可愛くて
思わず何度もキスをした。

するといきなり抱き上げられて
ベッドに連れて行かれた。


◇)わっ///

ドサッ

◇)直ちゃん…//


何も言わずにTシャツを脱ぐ直ちゃん。
目が…
もうスイッチ入ってる///


◇)直ちゃん…あっ//
  んっ…んん…っ///


上に跨がり私の口を塞ぐ直ちゃん。


◇)っはぁ…、直ちゃん…
  映画…は?

直)いらない。

◇)…漫画は?

直)いらない。

◇)……//

直)今欲しいのはお前。

◇)えっ///
  …あ、んんっっ…//


とろけるようなキスの嵐に
抵抗もできない…

右手で私の髪をかき分けながら
左手は服の中に入ってきた。


◇)あっ…//…やぁ//
直)俺の顔見ろ。
◇)え…?


横を向いた私の顔を
強引に自分に戻す直ちゃん。


◇)ど…して?
直)俺だけ見てろって言ったろ。
◇)え…?…あっ//…やぁっ//


胸の突起を摘まれ
優しく転がされる…


◇)や、…あっ…//


その快感に目を閉じると
あごをクイッと持たれた。


直)俺の顔見ろって。
◇)えっ…//
直)ほら。
◇)あ…、やっ…、んん//


直ちゃんが私の顔を真っ直ぐ見てくる…//
感じてる顔…見られるの恥ずかしいよぉ…


◇)やだ…っ//そんな見ないで…
  あ、あっ…、やん///
直)こっち。


何度も顔を直ちゃんの方に戻される。
視線を外すことは許されなくて…
身体への快感も止まらなくて…

この人が…今私をこんなに気持ち良くしてるんだって…
脳にまで刻み込まれるみたい…


直)イイ顔…w
◇)……///
直)そのまま俺のこと見てろよ?
◇)え…っ、…あっ!!////


直ちゃんの指がパンツの上をなぞってきた。


◇)やっ…//
直)湿ってる…
◇)や…だっ///
直)嫌じゃないから濡れてんだろ?w
◇)…っ//
直)触って…ほしい?
◇)〜〜〜///


私が小さく頷くと
パンツの上からツンとつつかれた。


◇)あんっ//
直)ちゃんと言えってw

◇)…触って?//…ください//
直)ここ?

◇)あぁぁんっ///
直)こうしてほしいの?

◇)やぁっ、ぁぁ///


くちゅくちゅくちゅっ…


◇)ふぁ…ぁぁっ、んっ//
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ