父さんも母さんもアイシテル
父さんも母さんもアイシテル
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
父さんも母さんもアイシテル 第1章 父さんの想い
……

夜になって、僕は病院の外のベンチに座っていた。

「父さん…母さんが死んじゃう…」

僕は呟いた。そして携帯を取り出して、父さんの電話番号を表示した。
そしてかけてみた。

「!!」

電源が切られていない。プルル…という音がしていた。

「父さん!!」

まだプルルと鳴り続けているのに、僕は思わず言った。

「父さん!!」

プツッという音がした。「留守番サービスです」という声がしたが、僕はすぐに言った。

「父さん!母さんが死んじゃう!…母さん、父さんのご飯しか食べないって言って…病院連れて来ても点滴させないんだ!!父さん生きてたら、父さんが手術した病院へ来て!!本当に母さんが死んじゃうっ!!父さん!」

電話の向こうでツーツーという音が帰ってきていた。留守電はいつの間にか切れていたのだ。
僕は泣きながら携帯を閉じた。

「父さん…僕たちを捨てないでよ…」

僕は呟いていた。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ