父さんも母さんもアイシテル
父さんも母さんもアイシテル
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
父さんも母さんもアイシテル 第1章 父さんの想い

封筒だった。「良介へ」と書いてある。
僕は驚いて封筒を開き、中の紙を取り出した。

母さんが僕の傍まで来ていた。

紙は2枚あり、1枚は離婚届だった。父さんのところだけサインと判がある。

「!!…父さん…まさか…」

僕はもう1枚の紙を開いた。その紙にはこう書いてあった。

……

良介。元々良介を養子にしたのは、お前に母さんの夫になって欲しかったからなんだ。
私は子どもを作ることがもうできない。それは若い母さんにとても申し訳ないことだと、手術の後からずっと思っていた。
それで、若くて元気な青年を養子にすることを思いついた。
母さんが気に入ってくれれば、自然に子どももできるだろうってね。

子どもができる前に、先に父さんと母さんの離婚届を出して欲しい。そして、お前と母さんで婚姻届を出しなさい。
ややこしいことになってしまって申し訳ない。
でも…まともにお母さんに言っても聞いてもらえないだろうから…こうすることにしたんだ。

母さんも良介も愛してるよ。ずっと父さんはお前たちの事を愛し続けているからね。

父さんより。

……

母さんがその場に座り込んで泣き出してしまった。僕も涙が止まらなかったが、泣いている場合じゃない。
父さんを見つけなければならない。
最悪、父さんは自殺をするつもりかもしれない。

「母さん…とにかくここにいて…!僕、警察に連絡して、僕が父さんを探してくるから。」
「母さんも行くわ…」
「だめだ!…父さんが気が変わって帰ってくるかもしれないだろ!?…ここにいて!何もしなくていいから、家にいて!」

母さんは泣きながらうなずいた。

「父さん、絶対に連れて帰るからっ!」

僕は携帯を持ち、警察に連絡しながら玄関を出た。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ