父さんも母さんもアイシテル
父さんも母さんもアイシテル
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
父さんも母さんもアイシテル 第1章 父さんの想い
……

「ごはんできてるよ。」

父さんが笑顔で、シャワーを浴びてダイニングに入った僕と母さんに言った。

「お腹すいたろう。」

そう言って、鍋の中のビーフシチューをかき混ぜていた。

「父さん…今日、僕が担当だったのに…」

僕が父さんの傍に行ってそう言うと、父さんは「いいんだよ。」と僕に笑った。

「父さんがビーフシチュー食べたかっただけなんだ。お前は明日してくれるかい?」
「うん…ごめんね、父さん。」
「お前は本当にいい子だよ。」

父さんが僕の頭を撫でた。僕は微笑んで母さんの隣に座った。

「いい匂いだわー。お父さんのシチューはレストランで食べるより美味しいものね。」
「うん!」

父さんが照れくさそうにこちらを向いて笑った。

…そして、3人でバカみたいな話をして笑いながら、父さんのシチューを食べた。
本当に幸せだった…。…この日までは…。

……

父さんがいなくなったのは、シチューを食べた次の日の朝だった。
早めに仕事に行ったのだと思っていたが、何かを感じた母さんが、父さんの会社に電話をしてみると、母さんの予感通り父さんは出社していなかった。

携帯電話も通じなかった。電源を切っているようなアナウンスしか返ってこない。
僕は仕事を休んで、震える母さんの背を撫でていた。

(どうして…?…いつもと変わらなかったのに…)

僕はそう思いながら、ただただ母さんの背を撫でていた。
その時、食器棚のスプーンを入れている引き出しから、白い紙が出ていることに気がついた。

「?」

僕は立ち上がって、引き出しを開けた。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ