父さんも母さんもアイシテル
父さんも母さんもアイシテル
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
父さんも母さんもアイシテル 第5章 (閑話休題)警察官「沢辺」と弁護士「山添」の特別な関係

「参ったな。…楽しみが増えちゃった。」
「良介君目当ての女の子も多いみたいだよ。」
「だろうなぁ…。誠実な性格が顔に出てるもんなぁ…」

沢辺が頷いた。山添が沢辺に視線を戻して言った。

「毎日来てんじゃないのお前…」
「そうしたいけど、なかなかね。」
「俺は毎日来よう。」
「ずるいぞ!」

沢辺の言葉に山添が笑った。

「お待たせしました。」

良介がワインを持ってきた。よく冷えている。
良介がグラスにワインを注ぐ。2人はつい良介の顔を見ていた。

「あんまり見ないで下さい。手が震えちゃう。」

良介が笑いながらそう言うと、2人は慌てて目を逸らし、お互いの顔を見合わせて笑った。

「どうぞ。」

良介がそう言って頭を下げ、離れて行った。
2人は軽くグラスを重ねてワインを一口飲んだ。

「いいねぇ…良介君のエプロン姿を見ながらのワイン…」
「ん…」

2人の目が、女性客と笑顔で話している良介を見つめている。
良からぬ妄想中だ。…案外、2人とも男色になりかけているのかもしれない。
…何度も言うが、沢辺は警察官、山添は弁護士である。

「今度、お前の非番と俺の休みが一緒になったらさ…」

山添が思いついたように沢辺に向いて言った。

「…良介君、誘おうってんだろ?」

沢辺がワインをひと口飲んでから言った。

「ご明察。」
「了解。良介君に言っておくよ。」
「ん。…今からどきどきするなー。」

山添の言葉に沢辺が笑った。
…何も知らない良介は、女性客の言葉に大笑いしていた。

(終)
46
最初 前へ 43444546474849 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ