父さんも母さんもアイシテル
父さんも母さんもアイシテル
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
父さんも母さんもアイシテル 第1章 父さんの想い
一度、父さんと母さんの愛し合う姿を見せられたことがあった。

「母さんがどうしたら一番喜ぶか見て覚えるんだ。」

父さんがそう言って、バスローブ1枚だけの僕をベッドの横に座らせた。
すぐに僕の体に変化が訪れたことを思い出す。
父さんの体の下で、母さんが悲鳴を上げるように悶えている姿を、僕は体が火照るのを感じながら、ただ黙って見つめていた。2人とも映画の主人公のように綺麗だった。
父さんが母さんの足の間に顔を埋めた時は、僕のモノまでが反応した。

…今、僕も母さんの足の間に顔を埋めている。音を立てて母さんの花芯を舌で転がし、母さんの動く腰を必死に手で抑えつけて…。

「良介…ああっ…良介…!」

母さんの喘ぐ声が僕をさらに興奮させる。僕はいつでも突撃体制に入れる状態だった。

「良介…来て…母さん…もうだめよ…来てー!」

母さんがそう声を上げた。でも僕は舌を離さなかった。…これは父さんからの教えだ。
母さんは2回イカせなくちゃならない。母さんが体を突っ張らせたのがわかった。

「ああ…良介…!!」

僕は音を立てて、まだ舌を動かし続けている。

「良介…良介…だめ…いやぁ…良介…ああっ!!」

母さんの体が再び反った。僕はやっと口を離して、母さんの中へ入った。

「あっ!」

母さんが体を反らせたまま、僕のモノを掴んだ。
強い締め付けに、僕は思わずうなり声を上げた。

「母…さん…ああ…すごいよ…」

僕は呻きながら言った。父さんの愛撫とは違う、母さんのざらざらのひだが僕のモノを銜えこんでいる。
僕は腰を動かした。母さんのひだは音を立てて必死に掴みかかっているようだった。

「母さん…ああ…」

僕は徐々に腰の動きを早くした。母さんが声を上げる。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ