父さんも母さんもアイシテル
父さんも母さんもアイシテル
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
父さんも母さんもアイシテル 第1章 父さんの想い
……

10分程してから、僕は母さんの部屋へ行った。

「良介…大丈夫?…お父さん満足してた?」

僕が「うん」というと、母さんが僕の手を取り、裸の胸で僕を抱きしめた。
母さんは父さんより7歳年下だ。つまり僕とも8歳しか違わない。
父さんもハンサムだが、母さんも綺麗な人だ。美男美女の夫婦って本当にあるんだと思ったほどだ。
僕はあまり自分の顔に自信は無いけど、父さん達がとてもほめてくれる。そして、父さんに似てると近所の人に言われた時は、僕は心から嬉しいと思った。

「…今日、父さんとはやってないの?」

僕は母さんに尋ねた。

「ええ。良介が来てからは回数がかなり減ったわ。」
「…そう…母さんはそれでも満足?」
「もちろん、満足じゃないわ。…良介にも愛されたいけど、父さんにも愛されたいもの…。」
「そうだよね…。」
「お父さん…さっき、変な事言ってなかった?」
「え?…変な事なんて…ただ幸せだって言ってくれたよ。」
「そう…ならいいんだけど…」
「…僕も幸せだって言ったんだ…生きてて良かったって…」
「お父さん喜んだでしょう?」
「うん。とても喜んでくれた。」
「母さんも嬉しいわ。…幸せよ。」
「母さん…」

僕は母さんに口づけた。音を立てて舌を絡ませる。
母さんも受けてくれた。

僕は口を話すと、すぐに母さんの胸の先を舌で転がした。

「ああっ!良介…!」

母さんが体を反らせた。僕は激しく母さんの胸の先で舌を動かす。

「良介…良介…ああ…愛してるわ…」
「僕もだよ…母さん…」

僕は一旦口を離してそう言うと、もう片方の胸の先に口を落とした。

「あっ…良介!」

母さんが体をよじる。母さんの肌はいつもすべすべで、はち切れそうなくらい弾力がある。
僕の童貞を奪った女性は、母さんより若かったが、こんなに肌は綺麗じゃなかった。
それに胸の先がピンクなのにも驚いた。
そのピンクの胸の先が、今僕の舌の上で固くなっている。

「ああ…良介…素敵よ…」

僕の体が熱くなってくる。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ