父さんも母さんもアイシテル
父さんも母さんもアイシテル
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
父さんも母さんもアイシテル 第3章 実の親が現れて・・・(1)
……

施設の応接間に通された。
そこには、父さん達よりも大分年のいった夫婦が座っていた。

「良介!」
「良介!…ああ、大きくなって!!」

母さん…らしき人が僕に抱きついてきた。父さん…らしき人は、母さんの傍に立って、涙ぐんでうなずいている。
僕は感動も何もなく、ただ立ちつくしている。

「今までごめんね。…迎えにこれるかどうかわからなかったから…ずっと黙っていたんだけど…」

母さん…が、涙をハンカチで拭いながら言った。

「本当に辛い思いをさせたな。…さぁ、家へ帰ろう。」
「!?…え?今!?」
「もちろんだよ。…どうして?」
「だって…僕の…荷物とか…」

そう言いながら、口をつぐんだ。もう前の父さん達に会えないなんて嫌だ…。そう言いたかったが、言ってはならないと思った。

「そうか…そうだな。じゃぁ、車で前のお父さん達の家まで連れて行ってやろう。荷物はたくさんあるのか?」

僕は首を振った。考えてみれば、パジャマとか服とか…大した量はない。

「それなら良かった。行こう行こう!」

本当の父さんが応接室を出て行った。本当の母さんが僕の腕を取り、僕をうながした。

……

僕は部屋でかばんに荷物を黙ってつめていた。何故か涙も出てこなかった。
…前の父さん達が、僕のそんな姿を黙って見ていた。

「…良介…元気でな…」

父さんが言った。僕は声を出すと泣き出しそうなので、何も答えなかった。

「良介…メール…くらいは…出せそう?」

母さんのその言葉に僕はうなずいた。

「…メールちょうだいね。」

僕は再びうなずいた。

……

僕は玄関を一緒に出ようとする、父さんと母さんに言った。

「本当の父さん達が…外にいるから…ここでいい…」

僕はやっとの思いで、父さん達に背を向けたまま言った。

「そう…か…。わかった。」

父さんが言った。母さんがたまらずに泣き出した。

「…今まで…ありがとう…。とても…幸せだった…」

僕はそう言うと、玄関を開けた。
そして飛び出すように外へ出た。

涙が溢れ出てきた。

僕は、本当の父さん達の車の後部座席のドアを開き乗った。
車が発進した。
僕は振り向くことなく、ただ両手で顔を覆って、嗚咽を必死に堪えた。

運転席にいる本当の父さんも、助手席に座っている本当の母さんも何も言わなかった。
24
最初 前へ 21222324252627 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ