父さんも母さんもアイシテル
父さんも母さんもアイシテル
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
父さんも母さんもアイシテル 第3章 実の親が現れて・・・(1)
……

母さんと僕は一緒にシャワーを浴びた。そして服に着替えて、ダイニングに行った。
すると、父さんが厳しい表情で、電話をしていた。

「?」

僕と母さんは顔を見合わせた。
父さんは僕に気がつくと、はっとして「今、良介が来ましたので…」と言って、受話器を僕に差し出した。

「?…僕?…誰から?」
「お前の…施設からだ…。」
「!?…施設!?」

僕は受話器を耳に当てた。

父さんが厳しい表情でダイニングテーブルの椅子に座った。向かいに座っている母さんが父さんに「どうしたの?」と聞いている。
僕は施設の院長の言葉を聞いて、思わず声を上げた。

「!?…僕の実の親!?」

母さんが僕の方を見たのがわかった。父さんが下を向いている。
僕は「まさか…」と呟いた。

「…そんな…今さら…」

僕は声の震えが止まらなかった。

「20歳になったら…迎えにくるつもりだった…って…」

僕の誕生日(正しくは施設に捨てられていた日)は来週だ。

「それなら、どうして先に言っておいてくれなかったんですか!?知ってたら…」

僕はそれ以上言葉が出ずに、溢れる涙を拭った。
母さんの嗚咽が聞こえた。
父さんが椅子から立ち上がって母さんの隣に座り、母さんの背を撫でた。

「わかりました。とりあえずそちらに行きます。」

僕は受話器を置いた。
そして、父さんと母さんの顔を見ずに「行ってくる」といって、ダイニングを出た。

……

僕は部屋に入り、携帯と財布だけをポケットに入れて、玄関に向かった。
玄関には父さん達が先に立っていた。

「…すぐ…帰って来るから…」

僕は父さん達の方を見ずにそう言うと、父さんが「うん。」と言った。母さんが泣いているのがわかる。
僕は黙って玄関を出た。
23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ