父さんも母さんもアイシテル
父さんも母さんもアイシテル
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
父さんも母さんもアイシテル 第3章 実の親が現れて・・・(1)
「母さん…」

僕は、僕の手の動きに喘いでいる母さんの顔を見て言った。

「…綺麗だよ…母さん…」
「いや…だ…良介…」

母さんが額に汗を滲ませて喘いでいる。
僕の片方の手は、母さんの花芯を揉んでいた。水を打つような音が響いている。

「良介…良介…ああ…」

本当に母さんは綺麗だ。顔だけじゃない。肌もすべすべで弾力がある。僕は母さんの胸の先に口を当てた。

「あっ!良介!」

母さんの体が反った。僕は口を外すまいと、母さんの体を抑えて、舌を動かす。

「良介…ああ…良介…いやよ…ああ…」

母さんが体を動かそうとするが、僕がそれをさせない。
僕は体を沈め、母さんの花芯に唇を当てた。

「ああっ!!」

母さんが腰を上げようとした。だが、それも僕が押さえる。僕は舌を激しく動かした。さっきより激しい水を打つ音…。

「んふっ…あん…あん…良介…ああ…ああ…だめ…だめよ…」

僕の舌の動きに合わせて母さんが悶える。…その声が、僕にはたまらない…。

「母さん…僕もう…我慢できない…!」

僕は口を離して言った。

「いいわ…良介…来て!」

母さんの言葉に、僕は母さんの中に入った。思わず強く挿してしまった。

「ああっ!!」
「ごめん…母さん…でも…僕…」

僕は腰を動かした。どうしたんだろう…いつもより、早くイキそうになってる。

「ああ…ああ…良介…いいわ…いい…」

母さんの声に、僕は嬉しくなって腰の動きを速めた。

「ああっ!…良介!…やめて…ああ…だめよ…だめぇ…!」

母さんの体が反った。僕は一層強く掴まれ「あっ」と声を上げた。…もう出てしまった。…どうしたんだ…僕、早漏になっちゃったんだろうか…?と不安になった。

「ああ…良介…」

母さんの体から力が抜け、胸が上下している。

「母さん…」

僕は体を抜いて、母さんの顔を見下ろした。

「良介…」
「ごめん…今日…早くイッちゃった…。父さんに怒られるね。」

母さんが「ふふふ…」と笑った。

「いいのよ。…母さんは嬉しいから…。」

母さんが僕の頬を両手でそっと挟んだ。
僕は自分から母さんに口づけた。母さんと僕は、音を立てて舌を絡ませた。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ