あなたの仰せのとおりに…
あなたの仰せのとおりに…
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
あなたの仰せのとおりに… 第2章 初デート
……

「青田さん、強い!」

沢田さんが、夜景が見下ろせるバーの席で言った。

「強いって言っても、まだワインをボトル半分飲んだだけよ。」
「僕はそれだけ飲んだら、寝ちゃいますよ。」

沢田さんが苦笑しながら言った。

「…でも、ごめんなさいね。食事代出してもらって…。ここは出すから。」
「いりませんよ。僕が誘ったんですから。それに、青田さん楽しいし。」

沢田さんはそう言いながら、グラスのビールを飲みほした。
そして手を上げて、ボーイの注意を惹いた。

「ビールおかわり。」
「ありがとうございます。」

ボーイがグラスを引き取って行った。

「沢田さんも強いんじゃない?ビールかなり…」
「沢田さんはやめましょうよ。」
「え?」
「秀介で。」
「…呼び捨てはできないわよ。」
「青田さんの下の名前は?」
「え?」

私は顔が赤くなったが…

「由紀よ。」
「じゃ、由紀さんって呼ぶから。」
「…じゃぁ、秀介君でいい?」
「はい!」

沢田さん…秀介君が嬉しそうに言った。
だが、こんなおばちゃんと一緒にいて、何が楽しいんだろう…。と、私は今更思った。

「ねぇ、秀介君…」
「はい?」

秀介君が少しトロンとした目で私を見た。

「…彼女に振られたの?」
「え?」

私の言葉に、秀介君がぎくりとした顔をした。
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ