あなたの仰せのとおりに…
あなたの仰せのとおりに…
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:如月玲
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/11/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
あなたの仰せのとおりに… 第12章 秀介の転勤
……

翌日も、秀介君から何度もメールと電話が入ったが、私は完全に無視をした。
顔を合わせれば、きっと泣いてしまう。その顔を見られるのがどうしても嫌だった。
…できれば、このまま転勤して欲しい。…しかし、無視するだけでは、秀介君の気持ちが募るばかりかもしれないと思った私は、昼休みに職場からメールをした。

『いい機会だから、もう会うのをやめましょう。お元気でね。新しい職場でいい人見つけなさい。さようなら。』

そう打つのが精いっぱいだった。これ以上の言葉を入れると、情が入ってしまう。…冷たい女だと思われて構わない。…逆にそう思われる方がいいだろう。
幸い秀介君は、私の家も職場の場所も知らない。…別れる日のために教えなかったのだ。

そのメールを打った日から、秀介君からの連絡は途絶えた。

……

1カ月が過ぎた。…今日は秀介君が転勤する日だった。
…思うのは、秀介君のことばかりだ。必死で堪えていた涙が溢れた。
…結局その日は、涙が止まらなかったため、目が腫れて仕事に行くことができなかった。

私は、朝から晩までベッドの上で泣き続けた。秀介君に出会った事を、神に恨んだ。

(終)
39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ